OpenMG/ATRAC3を どうしてもMP3にしたい人のために

| コメント(0)

イメージ 1

ソニー独自のOpenMG/ATRAC3をどうしてもMP3にしたい人のために


Yahoo!ミュージックダウンロードがスタートして,実際にダウンロード購入をやってみたという方も増えてきたのではないでしょうか.ダウンロード購入をはじめたばかりの人が最初に困るのが,ダウンロード購入した音楽ファイルはMP3やWMAとちがって通常のファイル操作ができないことだと思います.
例えば,MP3ファイルなら特別なソフトがなくてもダブルクリックするだけで再生できるし,ファイルの移動やコピーも制限がなく,エクスプローラをつかって気ままに整理したり,携帯プレーヤにコピーしたりできるのですが,Yahoo!ミュージックダウンロードで購入できるOpenMG/ATRAC3形式のファイルは専用ソフト(MAGIQLIPやSonicStage)でしか再生できないし,対応プレーヤもソニー製のものしかないし,対応プレーヤに転送するのも単に専用ソフトが必要,転送回数も制限つき…など,たいへんにわずらわしい感じをうけると思います.
ダウンロード購入は便利だし,CDを購入するより安いので利用したいと思っている方も多いと思いますが,こう面倒だと躊躇してしまうかも知れません.

ダウンロード購入した楽曲をMP3にする方法,まったくないわけではありません.とても面倒だし,もし変換したMP3ファイルがネットに流出するようなことになれば法律上も問題だし,どう考えても 後で説明するソニーのネットワークウォークマンを利用するのが合理的なので,あまり推奨はしませんが,どうしてもMP3にしたいという場合には参考にしてください.

Roland UA-3FXでループバック録音

ひとつ目の方法は,ループバック録音機能がついているUSBオーディオ機器を使用する方法です.よく使われているのは,RolandのUA-3FX(写真)です.
原理は単純で,むか~し昔レコードプレーヤやCDプレーヤからでる音をライン入力でカセットテープやMDに録音したことがあると思いますが,あれに近いことをやってMP3をつくります.ただ,USBオーディオ機器の場合は,コンピュータが送ってくるデジタル信号をそのまま記録できるため,良好な音質で録音できます.
ただ,機器が高いし(例えばRoland UA-3FXは2万円近くもする),録音は1倍速(つまり3分の曲を録音するのに3分かかる)で手間がかかるし,あまり合理的とはいえません.

ソフトウェアだけでループバック録音する方法もあるけど…

また,High Criteria, Inc.のTotal Playerのようなソフトウェア(もともとはインターネットラジオなどストリーム再生される音声を録音するためのソフト?)を使って似たようなことをやる方法もありますが,難解だし,時間もかかるし,あまりいいことはありません.

これらの方法では,自宅でパパっとダウンロード購入して,ポイポイと携帯音楽プレーヤに投げ込んで,ごきげんなお出かけという理想形からは程遠いです.

いちばんいいのはソニーの携帯プレーヤをつかうこと

やっぱりおすすめはMP3にはしないで,おとなしくOpenMG/ATRAC3のまま,SonicStage+ソニーのネットワークウォークマンを利用するのがおすすめです.
この方法の問題は,未来永劫ソニー製品を買い続けないといけないことなのですけど,さいわい今のところApple iPodが大攻勢をかけてくれているおかげでソニー製品もリーズナブルな値段設定になっているので(というかむしろiPodよりソニーのネットワークウォークマンの方が割安?),それほど心配する必要はないと思っています(思いたいです).

コメントする