ソニー・東芝 次世代DVD規格統一はありがたいけど…

| コメント(0)

ソニー・東芝 次世代DVD規格統一はありがたいけど…

10年後もDVDとか焼いていたりするんでしょうか?っていう疑問がわいてきませんか?

HDD搭載DVDレコーダやTV録画機能つきのパソコン(いわゆるテレパソ)が600GBとかのハードディスクを積むようになってきていて,VAIOみたいに1週間全チャンネル録画とか荒っぽい手法がでてきだしている時代に,ほんとにちまちまと(次世代)DVDに書き出して棚に陳列しておくというような使い方が続くんだろうかと疑問に思います.少なくとも私はもうかなり長いことDVDなどのメディアに書き出すという行為をやっていません.今,ちらっと確認したら,最後にDVDを焼いたのは,約1年半前の2004年11月28日だったようです.少なくとも私の中では1年半ほど前にDVDを焼くという行為が時代遅れになったということです.

思うに,ソニーさんは,いまだにHi-MDやUMDのようなメディアにこだわっておられるようで,ウォークマン時代のカセットテープの延長で「次世代」を考えているのではないかという気がします.しかし,iPodの爆発的ヒットを見てわかるように,もうリムーバブルメディアはなくなっていく方向なんじゃないかなぁと感じます.いちいちカセットとかディスクとかを入れ替えたりする時代じゃないんだろうと思うんです.

HD DVDとBlu-Rayのあらそいって,新聞などではVHS対ベータの再来みたいにいわれているけど,実はそんなこと争っていること自体が時代遅れで,Appleみたいな過去にとらわれずに次世代を考えられる会社が,全然ちがうアプローチで次世代をかっさらっていっちゃうんじゃないかなぁ,なんて思う今日このころです.

コメントする