2005年6月アーカイブ

新ネットワークウォークマンは指紋採取機能つき

イメージ 1

ネットワークウォークマンを買い換えました.今度はスティックタイプのNW-E507です(以前使っていたのはコレ(NW-MS70D)).

イメージ 2

最近なんだか鏡面仕上げみたいなのがはやっているみたいで,ネットワークウォークマン(スティックタイプ)もピカピカの表面になっています.しかし,これって実際に使ってみると指紋がベタベタついてしまうので,なかなかピカピカの状態をキープできないんですよね.
iPodの裏側なんか指紋採取機能の最高峰で,お昼休みに会社の机の上なんかにおいて離席すると,職場内にiPodに興味をもってる人が何人いるかわかるくらいの秀逸さです.あと,携帯電話を人に貸してあげると その人の耳の形がわかるとかもありますね.


期待はずれのマルチクリップ

ハードディスク内蔵タイプだとかなり大きいので,ズボンのポケットまたはバッグやポーチの中に入れて使うしかなくて,あまり悩まないんですけど,メモリタイプはほかにもいろんなつけ方があって,どれも一長一短なので,けっこう悩みます.
新しいネットワークウォークマン スティックタイプには,マルチ クリップという着脱式のクリップが付属していて,服とかバッグとかにクリップでとめることができるようになっています.もちろん以前と同様にストラップでつるしたり,ネック ストラップつきのヘッドフォンで首からさげて使うようにもできますけど,クリップ式はネック ストラップのようにブラブラしてジャマということがないので,アイデアとしてはいいかなと思いました.アイデアとしてはね….

イメージ 3
イメージ 4
マルチクリップこんな感じで本体にとりつけます

実際には,本体とクリップの仕様のすりあわせがたりなくて,微妙に使えない感じです.というのが,本体が50グラムとかなり重いのに(参考:iPod shuffleは22グラム),クリップはプラスティック製でボールペンのクリップくらいの力しかないため,よほど条件が整わないとちゃんと固定できないんです.
また,Yシャツの胸ポケットのように真上からさせる場合でも,ずれはしないけど本体の重みでポケットが前にだら~んとたれてしまい,いまいちカッコ悪い状態になります.
アイデアはいいと思うので,残念なのですけど…次期製品では改良されるよう期待してます>ソニーさん.

イメージ 1


こんな感じ?
おかしくないよね,むしろカワユイのでは?

さては,みなさんちょっかいかけてくるのは,テレかくし?

プロジェクト終盤はいつもこう…

イメージ 1

みなさま,ご無沙汰しております.
1週間ほどヤフーブログにアクセスできない状態が続いておりました.原因は,私がプロジェクトリーダをやってる,政府の○○庁からいただいておるプロジェクトが終盤にさしかかって,どうにもこうにもたいへんな状態になってきてるせいです.体調不良とか,ブログもそろそろ飽きてきたなとか,ネタ切れとかじゃないので,ご安心ください(って誰も心配してないかも…).
プロジェクトたいへんというのも,まぁ,終盤はいつもこうで,特別何かいつもとちがうことになってるわけではないので,大丈夫でしょう.終盤ドタバタするのはプロジェクト管理の教科書的には典型的なダメ プロジェクトですけど,NHKがプロジェクト ナントカという番組をやってくれているおかげで,むしろ めちゃくちゃになったほうが(できれば入院者の一人や二人でるくらいのほうが)感動のエンディングをむかえられるということで,世間体的にも大丈夫です(ありがとう>NHKさま).

今日はプロジェクトとは関係のない出張があって,そのままトンヅラこいたので,ひさしぶりにアクセスできました.

日記
出張で御茶ノ水にいく途中の電車の中で,フランスからこられたジャーナリストさんお二人とお話しました.なんだか大きな一眼レフデジカメ(キャノン製)に巨大なレンズを付け替えたりしてたので,「写真をとりたいの?」て聞いたら,どうやら山手線の運転席にあるコンピュータ制御の電車を走らせる装置?が珍しいらしく写真を撮りたいとのこと.しかし,お二人は まったく日本語ができなくて困ってたご様子.まわりの人に事情を話して場所を空けてもらったりしたら,えらく感謝されて,いろいろ話が聞けました.
お二人いわく,フランスの「アトラス」とかいう雑誌で東京の特集をするための取材だとかで,1週間かけて秋葉原と上野の取材をするんだとか.この「アトラス」ていう雑誌は「ナショナル・ジオグラフィック」みたいな雑誌だとのことなので,たぶん世界各地の情景写真とかが中心のものだろうと思います.
しかし,話を聞いててとっても心配になったのが,お二人は秋葉原に電気街のイメージしかもっていなさそうなこと.ちゃんとイメージどおりの写真がとれたんでしょうか? 萌へぇ~なカンバンばかりで困らなかったかなぁ.ラジオ会館なんか,ラジオと関係のないものだけを売ってる店になっちゃってるし.
8月号か9月号か,う~ん,遅くとも11月号には載るとのことなので,どんな内容になったか,確かめてみたい気がします.

ブラボーFINALDATA!

イメージ 1

突如読めなくなり,バッファローのサポートさんに「なおりません」て見放された250GBのハードディスクですが,なんと,FINALDATAの「復元」機能を使ったら一発で直りました.ブラボーFINALDATA!

故障したのが5月の中ごろだから,結局1か月もかかっちゃったんですね.でも,なおってほんとよかったー.またCDやDVDのリッピングをやり直すなんて考えたくもないもの.
下の画面は復元完了した状態のディスク容量です.175GB復元できました.うろ覚えですけど,250GB中180GBくらい使っていたと記憶していますので,ロストしたデータはないと勝手に判断しました.

イメージ 2
ばっちし175GB復元できてます!

といわけで,このブラボーなFINALDATAについて,簡単にレポートしておきます.
ハードディスクが壊れた人いましたら,ご参考にしてくださいな.

※念のため… ここで「なおった」ていってるのはデータが救出できたという意味です.この読み出せなくなったハードディスクはもともとハードウェア的には壊れていなかったと思います.何かの拍子にファイルシステムに論理エラーが発生してWindowsから見えない状態になっていただけで,データ自体に異常はなかったと思います.HDDが物理的に壊れている場合にはFINALDATAを使うとトドメをさすと思いますので注意してくださいね.

スキャンに30時間,復元にさらに30時間…

冒頭で「一発でなおった」と書いたのですけど,実は最終的に復元完了するまでには,スキャンに30時間+復元に30時間=60時間超,丸3日以上かかりました.その間ハードディスクはまわりっぱなし,パソコンもつきっぱなしの状態です.ユーザがやることは,いくつかボタン押すくらいしかなく,とっても簡単なのですが,時間はものすごくかかります.
設定を変更してスキャンのやりなおしをする時間も含めて1週間はかかると思っておかなきゃいけないと思います.

参考:
  • FINALDATAのヘルプにも「8GBのハードディスクのスキャンには,平均で60分ほど」と書いてありますので,250GB÷8GB/時=31時間15分と,ほぼカタログスペックどおりの所要時間です.
  • 復元のほうは,30時間もかからないかもしれません.ぼくは何も考えずにとにかくすべてのファイルを救出しようと思ったので,System Volume Information(ボリューム情報)やRECYCLER(ゴミ箱)のような,明らかにユーザデータじゃないフォルダも復元するように選択しました.そのせいで,ファイル名がぶつかって2回ほど確認ダイアログがでて一時停止したためにトータルの時間が長くなりました.うまくやればもっと短くなるんだと思います.でも,相当に時間はかかると覚悟しておいたほうがいいです.

ハードに問題がある場合は確実にトドメをさしそう

復旧作業は,6月6日水曜日の深夜からスキャンを開始して,目視チェック等も含めて復元が終わったのが6月11日土曜日の朝という,ものすごい長期戦でした.さらに,実は,月曜日から火曜日にかけてもウィザードを使ってスキャンをかけて,結果が気に入らなくてキャンセルしていたので,ほとんど1週間近くかかりました.
その間あまりの激しいハードディスクへのアクセスぶりに,今度こそほんとにトドメをさしてしまうんじゃないかと気が気でない状態で,なかなかたいへんな心理状態でした.
ぼくの場合はハードウェアのほうには問題がなさそうな感じだったので,よかったのですが,もしもハード的に問題のあるディスクにFINALDATAでスキャンをかけたら,かなり確実にトドメをさすんじゃないでしょうか….

ウィーザード使わないほうがわかりやすい…

FINALDATAには普通の操作画面とは別にウィザードがついています.ウィザードを使うとほんとにボタンを1個押して復元したいドライブを選ぶだけという手軽さなんですけど,スキャン結果が拡張子ごとに表示されてしまうため,何がどこまで復元できるのかわかりにくく,ドライブ全体の復元というような使い方にはおすすめできないです.このウィザードはおそらくフォーマットしてしまったUSBメモリから数個だけデータを拾い出したいというような用途のためにあるのだと思います.普通の操作画面を使った場合,フォルダツリー等も含めて障害が起こる前のイメージそのままに表示されるし(下の画面参照),特に操作が難しくなるわけでもないので,普通はウィザードを使わないほうがいいと思います.

イメージ 3
ウィザードじゃないほうの画面

その他ご参考

  • 復元したデータを格納するために,復元もとより大きいサイズの別ディスクが必要です.HDDを直接修復するオプションもあって,一部このオプションが使えるケースがあるようですが,基本的には別のディスクを用意して復元したデータはそちらにコピーすることになります(FINALDATA推奨の復元方法).
  • スキャンしたクラスタデータをファイルに保存しておくことができます.この機能を使えば,障害が発生したディスクから,ほしいときにほしいファイルだけを復元するというような使い方もできます.検索もできますので,別ディスクにとにかく丸ごと復元というような強引な方法ではなくて,必要なものだけ拾い出すという方法で使いたい場合にも対応できるようです.
  • 障害の度合いが深くて障害が起こる前にどのフォルダに入っていたかわからないとか,ファイル名がわからなくなってる場合でも,「回収ディレクトリ」「回収ファイル」というフォルダに回収されるため,ここを探せば見つかるかもしれません.
  • ゴミ箱にはいっていたファイルは,ちゃんと削除したファイルとして認識され,「削除ディレクトリ」「削除ファイル」というフォルダに分類されますので,故意に削除したファイルまでごちゃごちゃに復元してしまってワケがわからなくなるという心配はありません.

関連記事

ミッフィーのギャラ

イメージ 1

頭痛もちでバファリンが手放せない私,先日,耳式体温計というのを買いました.
耳式体温計ってご存知ですか? 耳の穴に入れて1秒で体温が測れるっていうすぐれもののハイテク体温計です(正しくはオムロンは1秒,シチズンは2秒が多いですけど,まぁ気にするほどの差じゃないです).なんで耳だと1秒で測れるかというと,鼓膜からでる赤外線を…(略).

いやいや,体温計の話をしたかったのではなくて,問題はミッフィーのギャラなんです.
ぼくはシチズン(時計で有名なシチズン)のミッフィーの絵がついたものを買ったんですけど,シチズンの耳式体温計は,まったく同じモデルで,ミッフィーの絵がついてるもの(MFT85W)と,ついてないもの(CT820)の2種類があるのです.それぞれ価格は下の表の通りです.

型番絵柄参考価格(ヨドバシカメラ店頭)
MFT85Wミッフィーの絵4,170円
CT8202,910円

何か気がつきませんか?
そう,なんとミッフィーが1,260円(約30%)もかっさらっていってるんです.いくらカワイイからって調子にのりすぎてると思いませんか?

ヨドバシカメラの店頭で,チラッと物色したのち,すぐにミッフィーのにしようと決めましたが,ミッフィーのだけやたら値段が高い(他はすべて3000円前後なのにミッフィーのだけ4000円超えてる)ので,さすがに少し悩みましたよ.
それでも結局ミッフィーのを買ってしまうあたりがヨワヨワなんですけど….

まぁ,しかし,頭が痛いとき・熱があるときに,熱を測っても「ああ,熱があるなぁ」という当然のことを確認するだけで,気休めにもならないですけど,こういうときにもミッフィーはそれなりに効き目がある(ホンワカなきもちになる)ことから考えると,まぁ,3割ミッフィーのギャラでも仕方ないのかな,と….

イメージ 2


ご参考:技術ネタ

熱の伝わり方には,(1)伝導(でんどう),(2)対流(たいりゅう),(3)輻射(ふくしゃ)の3種類があります.(1)伝導というのは,例えばハリガネの片方を手にもって,もう一方をライターとかで熱するとアチアチっとなるタイプの伝わり方です.(2)対流というのはエアコンとか,お風呂みたいに熱い(または冷たい)液体や空気そのものが循環してきて熱を伝えるものです.(3)輻射は赤外線という波動になって空間を伝わってくるタイプで,太陽とかハロゲンヒーターみたいに間にはさまっている空気はあつくないのに,体にあたると熱い(あったかい)というタイプの熱の伝わり方です.

ワキの下にはさむ従来タイプは体から体温計に伝わってくる伝導熱を測るという原理なので,体温計が体温と同じ(くらい)の温度になるのをまたないといけないため,どうしても30秒から1分くらいは必要です.
耳式は輻射熱を測るタイプなので,輻射熱が正しくセンサーにあたってさえいれば一瞬で測れるというしくみです.

nintendogsで ほわほわ~

イメージ 1

とうとう買ってしまいましたnintendogs!(ついでにDSも) さっそく柴の「らっきー」をいじりまわして遊んでます.

つい数週間前までは「ほしいけど買ってもやる時間ないし…」て煮え切らない感じだったんですけど,ブログでネコとかフェレットとかのほんわか写真を毎日見るようになった影響で もーどうにも! 以前からネコDVDとか数枚もっててよく見てたんですけど(ネコ好きです),やっぱ単なる映像はコミュニケーションができませんからね~.テニスボールのとりあいとかできませんからね~.

さて,しかしこのソフト,ぼくの最初の印象ではイヌと遊ぶだけかと思っていたのですけど,どうやらそうでもないらしく(それだけだとゲームソフト?としてどうかという判断になったんだと思います),どうも芸を覚えさせるとか,大会に出るとかいろいろ面倒イベントが用意されているようです.ぼくは単に遊ぶだけのほうがよかったけどなぁ.食事とか水とかも自動モードがあったほうが便利だったのに…って,飼い主としての自覚ゼロ?みたいな(^_^;)

イメージ 2


  • 任天堂さん,次はネコだしましょう!

あっ,今日はハードディスクの復旧するはずだったのに…

ハードディスク,やっぱり「なおりません」って

イメージ 1

修理にだしていたハードディスクがもどってきました.やっぱり「なおりません」って(くすん).
まぁ,よい! ヘンな音とかするわけじゃないんだから,きっと論理障害だよ.「業界No.1 信頼の復元力」のFINALDATAがスパスパっと復元してくれるさっ.

というわけで,ベクターでFINALDATAをダウンロード購入して(都合よく6月13日までキャンペーン価格でした.しかし8,505円,高っ),インストールも終わって,これからドキドキ復元実験室.うぉぉ,電源入れるのもコワーっ.とどめさしちゃったらどうしよう.

打痕あり?

とまぁ,バッファローにお願いしてもなおらなかったわけですが(というか,やっぱりディスクを初期化したりとかするなって条件をつけてしまったからか,読めないことの確認しかしてないご様子),不思議なことに修理レポートに「フロントパネル,リアパネル,ケースに打痕を確認」てなってるんですよね(下の画像参照).
イメージ 2

で,「えっ」と思って,なめるように現物を確認したけど,どこにも打痕なんて見あたりません(バッファローの修理の方は顕微鏡か何か使っておられる?).そりゃそうです,このハードディスクは持ち運びするタイプじゃないから,最初に買ってきて設置したまま一度も場所移動とかしてなくて,打痕なんてつく理由がないですから….写真のように見た目ピカピカです(って,写真じゃわからないか…).そりゃぁ,もう,新品の箱に入れておいたら誰も中古だとは気がつかないくらいに!
イメージ 3

さらに読み進むと「取扱い不良(打痕)が確認されたため保証対象外」なんですと! ええー,まだ7か月しか使ってないのに有料修理?? それってハードディスク交換だとほんとにベアドライブを買うのと同じだけかかるってこと??(涙)

というわけで,バックアップがフルでなかっただけために,えらい出費です(泣).FINALDATAにしたって,8,500円て,あんまりだよ,足元見られすぎ! 250GBのベアドライブが13,000円で売ってるのに! なんだか呪われてる感じがしてきました.

っと,気をとりなおして復旧,復旧…


関連記事リンク

イメージ 1

スパムキラー育成計画

ホームページとか開設されておられる方はご存知かと思いますけど,スパム(迷惑メール)がすごいんです.数年前からインターネット中を巡回してメールアドレスらしきものをかたっぱしから集めてくるというフリーウェアが普及してきて,ホームページの連絡先などにメールアドレスをかくだけで,おそろしいほど迷惑メール(特にアダルトなの)がくるようになります.
それで,最近は「namae@yahoo.co.jp」みたいに全部全角でかいておいて,メールしてもらう際に半角で打ちなおしてもらうようにするとか,アナログな対策をやってる人が多いわけですけど,すでにスパム送信業者の名簿には登録されてしまっているので,あとの祭りです.
最近では,ほんと,メールボックスの大半がアダルト迷惑メールだったりして…

ベイジアン フィルター

それで,遅まきながら,迷惑メール対策ソフトを導入しました.最近流行の「ベイジアン フィルター」搭載のソフトで,なんでも「ベイズ理論」に基づくナントカ カントカ(略).具体的にはマカフィーのスパムキラーというソフトです.

このベイジアン フィルターていうのは,スパムが届くたびに「これがスパムメールだよ~」と教えてあげると,その文書の特徴を学習して,似たような感じのメールが届くと自動的に「スパムかも?」と判定するようになるという,なんとも未来ちっくな,いわゆる,その,AI(人工知能)みたいな?ソフトなんです.

単に迷惑メール対策といっても,AI育成なんてキーワードがチラつくと,がぜんヤル気がでてくるじゃないですか? それで,5月のはじめ頃に購入してから約1か月ほど,1日10通くらいずつスパムを食わせてコツコツと育ててきたわけです.
最初はぜんぜんアホウで,すべての迷惑メールを素通ししていたものが,最近では確実に半分くらいはブロックしてくれるようになりました.ベイジアン フィルターは単に文字列が一致しているかどうかをみているわけではないので,送信者が毎回文面を少しずつ変えてくるというような手口にもちゃんと対応できる おりこうさんぶりです(えらい!うちの子天才!)

こうなってくると,毎日スパムがスパムホイホイの中にどれだけ入っているのか見るのが楽しくなってきて,もっとスパムこないかなぁ~とかウキウキしちゃいますから不思議ですよね.



ご参考

  • マカフィースパムキラーが初期状態ですべての迷惑メールをスルーしてしまうのは,初期状態では英語の迷惑メールしか学習させてないからだと思います.もともと英語版のソフトなので.
  • Yahoo!メールを使っておられる人は,ヤフーのサーバ側でスパムガード(SpamGuard)という同じようなソフトが動いてるみたいなので,不要かもしれないです.
  • 最近BIGLOBEが同じようなサービスを実験提供しててモニターになって利用してみたのですが,すごくよい精度でした.自分で育成するより,みんなで育成したのに相乗りさしてもらうほうが効率がいいですよね.でも自分で育成したのは特別な愛情が….
  • POPFileていうフリーのベイジアン フィルターもよく使われているのですけど,設定が難しいのがたいへんです.
  • でも,マカフィースパムキラーて,どうも動作がおかしいときがあって,ん~.

重要な注意事項(2005年07月27日追記)

マカフィースパムキラーをインストールすると,CPU使用率が100%になり,パソコンが正常に動作しなくなるという問題点が報告されています.問題はスパムキラーの構成プログラムのひとつである“MSKSrvr.exe”にあるようで,このプログラム名をキーワードにしてYahoo!やGoogleなどで検索してもらえば,世界中の多数の人が同じ現象を報告していることがわかります.
私もマカフィーに同件で問い合わせ中ですが,対応は芳しくなく,なおるようすもないため,現状では残念ながら,マカフィースパムキラーのご購入はおすすめできない状態です.