シーワールド・サンディエゴにいってきました

| コメント(4)
イメージ 1

サンデーGO!ということで,今週の日曜日はサンディエゴ(San Diego)にいってきました.サンディエゴは,南カリフォルニアではロサンゼルスの次に大きい町で,アメリカ西海岸の南端に位置しています.
ロサンゼルスだと,ユニバーサルスタジオとかディズニーランドみたいな遊園地型のテーマパークなんですけど,サンディエゴで有名なのは,動物園(San Diego Zoo)シーワールド(SeaWorld San Diego)といった自然を生かしたテーマパークです.年中温暖な気候を生かしたアトラクションですね.
というわけで,今回はシーワールドに行ってみました.日本でいうと八景島シーパラダイスとかみたいな,イルカのショーを見たりする感じのパークです.パーク内には水族館もありますけど,水族館部分の規模は小さくて(小さい割りに非常に工夫して展示してて なかなか魅力的なのに驚きましたけども),主たるアトラクションはあくまでショーです.

トップの写真は,シーワールドのトップスター,シャチの“シャムー”です.巨体に見合わず たいへんに芸達者で人気者です.やっぱりシャチは見た目が美しく華やかなイメージがあるのでショーはもちろん,プールで悠々と泳いでいるのを見るだけでも 楽しいですね.
※自動再生しませんので,再生ボタンを押してください(10秒くらい待たないとスタートしないかも)
http://marigold.sakura.ne.jp/yahoo_blog/export/20060409/shamu_spin.wmv

イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4
イメージ 5

園内は,まるで植物園みたいな感じで,花と緑が豊富です.カモメやサギ,カモなどは放し飼いになっていて,園内で勝手に卵を産んで増えてるみたいな感じでした.下のムービーは園内で発見したカモの親子ハチドリのムービーです.ここ以外ではこんなのあんまり身近に見る機会はないように思いました.
http://marigold.sakura.ne.jp/yahoo_blog/export/20060409/duck_and_chicks.wmv
http://marigold.sakura.ne.jp/yahoo_blog/export/20060409/hummingbird.wmv

エイと遊べます
シーワールドにもエイをさわってみようコーナーがありました.驚いたことに,というか,シーワールドはアミューズメント施設なので当然なのかもしれませんが,シーワールドではエイにさわるときに特に制限事項がありません.
ロングビーチ水族館やモントレーベイ水族館は,教育機関としての役割も担っているため,エイにさわるときは指の腹でやさしくさわりましょうとか,つかんではいけませんとか いろいろ制限がついているのですけど,シーワールドではエイの先っぽの部分をつかんでつかまえたり,翼の部分をもってひっくり返して裏側をみたりしても大丈夫なようです.ただし,思いっきり水をかけられますので実際にやるときはそれなりの覚悟が必要ですけども.
また,水族館では餌付けは学芸員の方だけがやるもので,お客は見てるだけだったんですけど,シーワールドでは基本的にエサをあげるのは お客です.エサをあげる時間になると,小魚(の死体)が10個くらい入ったトレーが5ドルで売り出されて,その小魚(の死体)で手渡しで餌付けできます.エイの口に届くようにプールに手を入れるので服が思いっきり濡れますが,まぁ,仕方ありません.エイの口が手にあたって モニョモニョとするので,手をかまれるんじゃないかと かなりドキドキしますけど,これはけっこう楽しいです.やみつきです.
ただ,シーワールドにいるのは主に“コウモリ エイ”(Bat Ray)という種類で,ウシバナ トビエイはいません.ウシバナ トビエイは基本的に いつでも元気よく泳ぎ回っている感じなのですけど,コウモリ エイは海底にくっついている時間も長く,特に必要がなければ泳ぐときもゆっくりなので,ウシバナ トビエイと比べると少しおとなしい感じのするエイです.


以前の関連記事

コメント(4)

TITLE: No title
SECRET: 0
PASS:
やーん、イルカちゃんかわいい~。楽しそうなとこやねー。大阪からだと鳥羽水族館でイルカショーみたいなんやってるけど、どこの水族館もあんまりおもしろくないもんなぁ。ただ置いてるだけって感じで。

TITLE: No title
SECRET: 0
PASS:
日本は わりとこういうショービジネスは不得意ですからね….アメリカでこういうテーマパークとかコンサートとかいってみて気がつくのが,ほとんどの人が年間フリーパスとかシーズンチケットとかを買ってるんですよね.ショーもしっかりしてるけど,観客も“ファン”なんですよね.日本のショービジネス・エンタテインメントもそうなれば いろいろよくなっていくと思うので好けど.

TITLE: No title
SECRET: 0
PASS:
日本では未だ鴨に矢を刺すオバカチャンがいるでありますよ(`・ω・´) まったくケシカランであります。ああ、自然の色って何でこんなにきれいなんだろ。

TITLE: No title
SECRET: 0
PASS:
アメリカでは,副大統領がハンティングにいって,いっしょにいった友だちを誤射しましたけどもね.なんでも お友だちの頭が鳥に見えたんだとか.コワイですね(^_^;) ☆今回の4コマ写真は実は色をテーマにしてたですよ,密かに赤・青・黄色になってたりしますです.さすがミィさん人気テンプレート作家?だけあって,スルドイようで.

コメントする