2006年6月アーカイブ

イメージ 1

アメリカ生活最後の日が終わろうとしています.
明日のお昼にはロサンゼルス国際空港から日本に向けて出発です.

いつも思うのですけど,引越しが終わったあとのガラーンとしたアパートを玄関口からぼんやり眺めていると,これまでのことが全部夢だったかのような,ほんとのお話は 夢から覚めて これから始まるんじゃないかというような不思議な浮遊感があります.
この風景は実はここにはじめてきたときに見たものと同じもののはずなのだけど,確かに違うものに見えている自分を確認して,ああ,やっぱり とか思ったりして.

アパートに最後のカギをかけて,車まで歩いていったあと,引き返して 電気をつけっぱなしにしてないか確認したり….もうこれが最後って思って,めずらしく儀式めいた神妙さでカギをかけてみたのに,やっぱり中のことが気になるなんて,なんかやっぱり未練があるのかななんて,自分でもおかしくてしばらく思い出し笑いしてました.

あと24時間後には,日本にもどってるのですね.
なんだか信じられない,ほんと夢のような10か月でした.これから眠るのだけども,明日の朝は目が覚めたら竜宮城にいるかもしれません.
イメージ 1

いやはや とうとうきてしまいました,おわりの日がっ!
というわけで,あさってアメリカ太平洋岸時間の29日木曜日のお昼にロサンゼルス国際空港をたち,30日金曜日の夕方頃NARITAにもどる予定です.アルファベットで書いてみてもNARITAは日本です.カタカナで書いてもロサンゼルスはアメリカです.何を言ってるかよくわかりませんけど.

今は,28日の引越しの準備(梱包は引越し屋さんがやってくれるので主に仕分け)をやっております.いや,正しくは やらなきゃいけないんだけど,現実逃避して絵を描いたりブログを書いたりしています(お,MS-IMEちょっと賢かったな,描いたり書いたりしたよ).
いや,もう忙しすぎて現実逃避気味です.アレです,受験勉強の前になぜか部屋の掃除をやりだしてしまうような心境です.

今後もアメリカの会社との関係は続くので,出張でたびたび もどってはくるのは間違いないはずなのに,なんだか明後日ロサンゼルスを離れたら,もう二度ともどってこれないような気がしてくるのは どうしてなんでしょう….(しんみり)

5月26日~30日のグランドサークルツアーでラスベガスに宿泊したついでに,FC2, Inc.(以下FC2)が入っているというビルを見てきました.ページ先頭と最後の写真がFC2の入ってる(はずの)ビルです.

FC2とは

詳細についてはFC2のホームページを見ていただくとして,簡単に説明しておくと…

  • Yahoo!やLivedoorなどと同じようにインターネット上でいろいろなサービスを展開している会社です.
    • 特に無料ブログサービスの利用者数がものすごい勢いで伸びていることで有名です.少なくともブログサービスだけをみれば,Yahoo! JAPANやLivedoorも凌駕しています.
    • サービスは主に無料で,容量にも余裕があり,アフィリエイトの利用などの制限もゆるやかで,競合他社と比較してより自由な空間というイメージがあります.
  • 会社登記はアメリカ ネバダ州ラスベガスFC2会社概要参照)で,社長はアメリカ人なのだけど,サービスは日本向けだけのように見えるのが不思議です.サーバのロケーションはロサンゼルスだというウワサもあります.
  • 無料サービスが主なので,収入源が何なのか,何で利益を出しているのか はっきりしません.サービスは容量やサーバの軽さを見ても競合他社と遜色なく,それなりのお金が必要になりそうなのに,広告収入等がドンドン入ってきているようには見えません.どうやってサービスを維持してるのか不思議になります.

要約すると,ネット上の一大勢力としてものすごく伸びてるわりに,謎が多い会社ということで,たいへんに興味をそそる会社なのです.

で,ラスベガスによったついでに,ひとつ会社登記にあるビルだけでも見てみておこうというのが,今回の趣旨です.ビルを見たからって何がわかるといわれるとそうなのですけど,実はアメリカの事情をいろいろと勘案すると,少しわかってきたこともありました.

FC2のラスベガスの住所はダミーかもしれない

アメリカでは法人税などは州ごとに異なっているため,会社の住所をどこにするかで会社の設立費用や維持費用が大きく違ってきます.そのため,起業家の方が,会社の登記上の住所,すなわち名目の住所を税制などが有利な州におこうとする現象が起こります.

これは,投資ファンドの多くがケイマン諸島で設立されているのと同じと思ってもらえばよいです.

詳細については弁護士事務所などのホームページに譲るとして, ズバリいってしまうと,アメリカの中で起業に有利なので有名なのが,デラウェア州とネバダ州です.FC2の住所がネバダ州ラスベガスになっているのは,このあたりと関係しているのではないかと想像しています.起業家の方がラスベガスを起業地に選ぶ理由には以下のようなものがあるのだそうです.

  • 法人税がかからない.連邦税(Federal Tax)はどの州にいても同じだけど,それ以外の部分(法人税,所得税,消費税,ガソリン税,などなど…)は州ごとに設定しているので,州によって違っていて,ネバダ州の法人税は極端で,ゼロに設定されているそうです.
  • ネバダ州内に代理人をひとりおけばよく,取締役とかの人も他州の住人であってよい.つまり,FC2の会社登記がラスベガスになっていたからといって,本当にラスベガスに実体があるとは限らず,ビルの1室を借りて登記上の住所をおき,経営者や従業員も別のところに住んでいて,実際に作業をやっている場所も別のところであるという可能性は十分にあるわけです.
  • 経営者の法的保護(有限責任)がしっかりしていて,オーナー会社の社長さんにとって安全に会社経営ができる.この点は起業家の方にはたいへんな魅力になります.例えば知らない間に他社の特許を侵害していて訴訟になってしまったというような場合に,会社は破産してしまうかもしれないけど,経営者の個人財産は保護されるため,うっかり全財産を失ってしまうという危険がなく,起業家の方にはうれしいです.もちろん他州もみな有限責任制で経営者を保護していますが,経営者の過失責任などをどれだけ問うかは州ごとに違いがあり,ネバダ州はより経営者を保護する立場をとっている,かつそれが過去の裁判の判例という形で明確になっているという意味です.

参考になるサイト

推測ではFC2はこんな会社

実は何のトリックもない普通の会社なのかもしれません.

  • 収入は広告収入と一部の有料サービスからの収入のみ.多くはないけど,かかるお金も少ないから十分にやっていけるのかも.
  • “チープ革命”を極限レベルで実践するために,とにかく かかるお金を絞りに絞る.会社登記がラスベガスになっているのもその一環で,税金など会社運営にかかる諸費用を究極まで絞るための工夫かも.
  • ツボは,費用がほぼゼロで済むラスベガスから,費用がたいへんに高い日本向けにネットでサービスを提供する点にあるかも.高い費用がかかるのが前提の日本では,ネット広告の料金も高い.この高いネット広告を費用がほぼゼロのラスベガスで受注できるなら,利幅はとても大きくなる(あるいは競合他社よりずいぶん安い料金で広告をとることができる).つまり,海で採った魚を山で売るみたいな構造.魚の場合は保存や運搬にそれなりにお金がかかるからそれほど儲からないかもしれないけど,ネット上のサービスの場合,アメリカから日本にサービスを“運んだ”としても何も追加費用がかからないから,まるもうけ.
  • もしかしたら社長も名前だけで,実際に仕切ってるのは別の人で日本人かも.すなわち,上の発見をして,アメリカで後援者(または共同経営者)を募って起業しただけのことかも.
  • 無料サービスでユーザーに提供するものは,できるだけ安く調達する.ハードは別としても,今のネット上のサービスの多くは無料ソフトだけでも似たようなものが構築できてしまったりする.これはインターネット世代に顕著な傾向なんだけど,ぶっちゃけてしまえば,高いモチベーションで取り組んでいる(好きでやってる)個人・小さな団体が,プロが束になって作っているモノよりいいものを作ってしまう現象がしばしば見られる.FC2はこの現象をうまく利用している.
    • LinuxやApachなどのよく知れたプログラムはもちろん,アクセスカウンタや掲示板のようなCGIみたいなものにいたるまで,無料でとてもよいものが利用できる(Thanks>フリーウェア作家のみなさん).これらを利用すればソフトウェア費・開発費はゼロにできる.
    • さらに,FC2独自の工夫もある.例えば,FC2の ブログ テンプレートを無料ブログサービスを利用しているユーザ自身につくらせて,それを別のユーザに公開して使わせるというアイデアは秀逸.FC2はタダで最強のテンプレート集を構築する可能性がある.というか,もはやその確率がかなり高いといっていいと思います.ブログユーザの中にはアマチュアであってもモチベーションが高く とことん時間をかけていいものを作るユーザが必ずいるから,予算内でしか仕事ができないプロよりもいいモノができても全然不思議ではないと思います.
イメージ 1

いやはや月日がすぎるのは早いもので,こってりさんからわたってきたバトンを落っことしてから なんと既に1か月….いや,もっといえば,1年近くも放置したままになってるバトンもあったような….

(01) 回す5人を最初に書いておく
SMAP.
スルーOKです☆( ^ー゜)

(02) お名前は?
はたいたかし

(03) おいくつですか?
クリーム2個と,砂糖はいりません.
たぶん,ミィさんより1コ上ですね.

(04) ご職業は?
プログラマ.プログラミング言語処理系が専門です.小学生の頃からプログラミングが好きで,大学の専門もそういうところ,お仕事もそういうところ.わかりやすいです.

(05) ご趣味は?
カラオケ.自分でいうのもアレですけど,けっこうウマイです.一時期ビッグエコーが,最も歌われてる10曲の全国ランキング50位までをWebで公開してたんですけど,平均して3曲はランキングに入ってました.レパートリーの多さとスタミナが自慢で,ひとりで3時間歌うツワモノだったりします.アメリカにきてから新曲増やしてないので,日本にもどったら早速リハビリはじめないと….
読書(主にマンガだけどね).コメディものが好きです.最近は“まんがタイムきらら”系3誌を応援してます.
将棋さしたりします.アメリカではチェスをやってます.いずれにしても勝てません.
あと,ブログ書いたりします.絵も描いたりします.
クラシック音楽大好きです.美術館にもいったりするようですけど,美術の方は あまりよくわかってないようです.美術館という空間というか空気が好きなんだと思われます.

(06) 好きな異性のタイプは?
年上お嬢様タイプが好みなんじゃないかと思われます.この年で年上てこともないのかもしれないですけど,依然として 心理的に余裕があって,ムリしないで自然体でいてくれる人を好むようです.
絵の傾向がアレなので,ネット上ではロリ好みと思われやすいですけど,まぁ,実際子ども好きだったりしますけど(爆★),好きな異性のタイプと言われると,そうでもない感じですので安心です(意味不明).

(07) 特技は?
英語.…のはずだったんだけど,最近お仕事になりつつあって,特技じゃなくてご職業の欄の方に書くべきだった? もともと一芸身を助けるのはずだったのが,なんだか英語ベンリ要員みたいになってきてて,ウーン….

(08) 資格、何か持ってますか?
ソフトウェア開発技術者
テクニカルエンジニア(ネットワーク)
テクニカルエンジニア(情報セキュリティ)
ほか

(09) 悩みが何かありますか?
転職しようか悩みます.
今の職場が気に入らないというのではなくて,純粋に初心に帰ってもっと技術的な部分に集中できる環境にいるべきなんじゃないかって思っています.今の職場は,プロジェクトリーダーなんかもやらせてくれたり,ぼくにとっては本来オマケだった英語能力をうまく使ってくれたり,難しい仕事とかプレゼンテーションとかドンドンまかせてくれたり,うれしい面も多いのですけど,いろんなことができるぶん,本来自分の軸足を見失いやすい危うさがあります.
しかし,これほどいい職場も そんなにたくさんあるものではないとも思うから,パっとやめてしまうには あまりにももったいない….いやぁ,ぼくも年とったなぁ.人生がかるくないYO!

(10) お好きな食べ物と、お嫌いな食べ物は?
好き:エビ(って料理じゃないじゃん).基本的に何でも食べます.メキシコ料理でもスウェーデン料理でもギリシャ料理でも特に気にせず おいしくいただきます.やたらステーキを食べるようになったんですけど,ぼくは もともと肉は ほとんど食べなかったんです.会社の同僚の人が連れて行ってくれた とあるレストランで たまたまステーキを食べたら めちゃおいしくて,しかも自分でも簡単に作れることがわかったんで,ハマってしまいました.日本にもどったら また食べなくなるのかな?
嫌い:肉の脂身.

(11) あなたが愛する人へ一言
明日から ちゃんとします.ほんとです.

(12) これぞあなた!っていうエピソードを!!
インライン スケートはじめました.というわけで,トップのイラストがこんなのになってます.
アパートの ひろ~いツルツル アスファルトで楽しいです.
あ,よく考えたら日本にもどったら こんないい環境ないのかも.
あれ? 単なる近況報告になってる?(^_^;)

(13) 回す人5人を指名すると同時に、その人の他者紹介を簡単にお願いします
ナンバーワンにならなくてもいいそうです.
イメージ 1

Red Bull Energy Drink,うちの ご近所スーパー“アルバートソンズ”(Albertsons)にもありました!

会社でいろいろ聞いてみたら,やっぱりそれなりに有名になってきているようで,若い人の中では すでにそれなりの知名度を獲得している模様です.
ただし,今のところ販売量はたいしたことはないと思います.ここらへんの人はコーラとかはあたりまえのように箱買いなんですけど,Red Bullは1本ずつの販売で,コーラとかとは別の栄養ドリンクの棚に3列(ノーマル2列+シュガーレス1列)おいてありました.これまであまり気にしてなかったんですけど,アメリカにも“栄養ドリンクの棚”というのがあったのですね,勉強になりました.

値段は本体価格1本1.99ドル(約230円)とメチャクチャに高いです.これにカリフォルニア州の容器リサイクル デポジットと消費税7.75%がかかって売価は2.19ドル(約252円).まぁ,アリナミンVとかリゲインとかみたいなモノだと思えば,この値段もアリなんでしょうか….(ラベンダーさんの記事によると日本はコンビニで275円みたいなので,アメリカのほうが少し安めかも)
このスーパーはアメリカにありがちな,いわゆる安いのがとりえみたいなタイプのスーパーで,純正品コカコーラでも約350ml(12オンス)入りの缶で50円以下,水--例えば日本でもおなじみのクリスタルガイザーとかなら500ml入りが20円超えないようなタイプの店ですから,あのちっちゃい缶で250円はホントに高いです.びっくりします.

アメリカではあまり見慣れない細い缶,しかもぴったり250mlで,オンス表示のほうが8.3オンスと半端になってるので不思議に思ったら,実はこれオーストリアの製品で わざわざ輸入してきてるようなんです.これは日本でも同じかな?
※コアラやカンガルーがいるオーストラリアじゃなくて,ヨーロッパにある方の音楽の都ウィーンのオーストリアね……いや,わかってると思いますけど,念のため.


※本日は1ドル=115円で換算してます.

おまけ
ラベンダさん on 茄子カー
イメージ 2

開催地:  主にペルー
シーズン: だいたいお盆頃?
ヘアピンカーブが多いトリッキーなコースが特徴です.
イメージ 3

イメージ 1

こっそりアップ・・・.
気絶しちゃうぞー.

イメージ 1

[[attched(1,center)]]
先週のラスベガス→グランドキャニオン→ブライス キャニオン→ザイオン国立公園周回ツアーに引き続き,今週はヨセミテ国立公園にきています.日本の方にはあまり知られてないと思うのですけど,年間入園者数が約350万人とアメリカの国立公園の中で3番目に入園者数の多い国立公園です.
ちなみに2位は日本の方にもおなじみのグランドキャニオンで年間 約450万人,1位はグレート スモーキーマウンテンというところで推計930万人超と ぶっちぎりらしいのですけど,こちらは みなさん知りませんよね….というのが,この1位のスモーキーマウンテンというのがホントに1番人気があるわけではなくて,(1)ここだけは入園料をとってないので ちょっと通ってみただけとかの人も足しこんでしまっている(それ以前に集計がちゃんとできていないというウワサも…),(2)アメリカの国立公園は西側に多く東側に少ないので,東側のスモーキーマウンテンはニューヨークやボストンなどの大都市からの来園者が集中して有利,(3)大都市からの交通の便がよいなどいくつかの条件が重なって1位になってるようなんです.
つまり,日本で最も人気のある観光地が新宿駅になってしまいそうな感じの理由で1位ということです.実質的には,1位グランドキャニオン,2位ヨセミテ,3位イエローストーンなんだと思います.
また,グランドキャニオンは外国からの観光客が多いのですけど,ヨセミテは地元民(アメリカ人)に人気があるのが特徴で,夏休みに子どもとキャンプとか定番のようです.ウワサどおり たいへん美しい自然でした.というわけでトップの写真はミラーレイクです.谷間の一番奥にあって無風なため水面が鏡みたいになって岩山がうつってます.下の右上の写真に小さく写ってるのが落差740m(世界5位)のヨセミテ滝です…って,小さすぎて見えませんね(^_^;)

イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4
イメージ 5
イメージ 6
イメージ 7

ここは,クマ,マウンテン ライオン(日本語ではピューマと呼んでるかも),シカなどがいるらしいということで期待していたのですけど,会えませんでした.やっぱり車がいける範囲の近くでは難しそうです.

日本からこられる場合はロサンゼルスから車で7時間,サンフランシスコから5時間です(いずれも片道).サンフランシスコから往復10時間の日帰りバスツアーというのもあるそうなんですけど,ここってものすごく広いので ほんとチラッとみるだけになりそうで,あんまりおすすめじゃないです.
イメージ 1

いやはやアメリカ生活最後の月に入ってしまって,ドタバタ忙しいです.…のですけど,ブログの更新がとまっていたのは忙しいから…なのですけど,仕事ではなく旅行が原因で忙しいのだったりします(^_^;)

というわけで,予告どおりラスベガス(Las Vegas)→グランドキャニオン(Grand Canyon)ザイオン(Zion)ブライス キャニオン(Bryce Canyon)国立公園ツアーを敢行してきました.トータルの移動距離 約1,500マイル=2,400kmを車で4泊5日,1日4~6時間運転というナカナカ大変な旅行でした.

グランドキャニオン,ザイオン,ブライスの3つの国立公園は わりと近くにあって(といっても それぞれ300マイル=480kmくらいずつ離れてますけど)まとめてグランド サークルとか呼ばれたりしています.
日本からの観光だとロサンゼルス(またはサンフランシスコ)→ラスベガス→グランドキャニオンというコースが多くて,ザイオンとブライス キャニオンを知ってる人はあまりいないのですけど,地元民(アメリカ人)の中では いずれもとっても人気がある国立公園です.

ぼくの個人的な感想ではブライス キャニオンが一番印象的でした(というわけでトップの写真もブライス キャニオンです).ここは岩が ほんと面白くて 岩岩の間を歩き回ってるだけで楽しい気分になれます.どんなところを歩くかは下の(3)を見てください.標高2770メートルな上に すごい崖っぷち(かるく100メートル以上あるような崖っぷち)だったり 転がり落ちてセコイアの巨木に当たって壊れてる岩とかがゴロゴロしてるので冷静に考えると こんなところ歩いていて大丈夫か?となりそうなのですけど,みんなで歩けば恐くないんです.大阪御堂筋の横断歩道と同じですね(いや違うだろ…).
ヘリコプターツアーも乗ってみました.139ドルで35分間ブライス キャニオンの低空を飛ぶんですけど,パイロットの方がサービス精神旺盛でグルグル回ってくれるので けっこう楽しめます.他にもバギーを貸してくれるお店とか,馬に乗って回るツアーもあるので,いろいろやってみたい人には絶好の観光地です.ただ,歩くのが一番楽しいので,あれこれやりすぎて歩く時間がありませんでしたとならないように要注意.

ザイオンは山が丸ごと一枚岩とかの巨岩の渓谷なんですけど,ここは普通によいところです.ハイキングやドライブにピッタリな美しい風景で,地元民(アメリカ人)の皆さんの中では,一発芸的なグランドキャニオン&ブライス キャニオンに対して,いつきても期待を裏切らない美しい自然があるということで一番人気があるみたいです.ここはハイキング以外にロック クライミングと川歩きが有名ですけど,ロック クライミングは数日かかって数百メートルの一枚岩をのぼるとかなので,岸壁の途中で用を足したりテントを張って寝たりする根性が必要と素人にはムリっぽいです.川歩きは ちょっとだけやってみましたけど,水が凍るように冷たい上に流れは強いし,そんな中で何キロも歩かないといけないので,こっちも相当根性がいりそうです.終端まで上りきると とってもきれいな景色が待ってるのは知ってたんですけどね….

イメージ 2
イメージ 3
(1)ラスベガス夜景(2)グランドキャニオン
イメージ 4
イメージ 5
(3)ブライス キャニオン(4)リス@ブライス
イメージ 6
イメージ 7
(5)ザイオン(6)リス@ザイオン

実は今週末も旅行中でして,この記事はヨセミテ国立公園の南,車での2時間くらいのところにあるフレズノ(Fresno)ていう町のホテルで書いてます.明日は朝からヨセミテ国立公園のミラーレイク(訳すと鏡池ですね)まで歩きまくる予定です.


おまけ
日本語では,(4)(6)は特に区別せずにリスと呼んでるか,(4)はシマ模様なのでシマリスと呼んだりしてると思うのですけど,英語だと(6)スクワロー(squirrel),(4)チップマンク(chipmunk)と全然ちがう名前で呼ばれています.もちろん見た目よく似てるので(4)(6)を両方スクワローと呼んでる人は少なくないのですけど,やっぱり区別してる人のほうが多いみたいです.
で,なぜそんなにちゃんと区別してるのかな と思って図鑑で調べてみたら,どうやらスクワロー(リス)は主に木の上にいて,チップマンク(シマリス)は わりと地上を走り回っていてあまり木には登らないという習性上の違いがあるんだっていうことがわかって,なるほどーとガッテンしたわけです.
がっ! さらに詳しく調べるために新たに“The Nature of California”(James Kavanaghほか著,WATERFORD PRESS刊)という本を買ってきて読んでたら,(4)の正しい名前はチップマンクじゃなくて,“Golden-Mantled Ground Squirrel”つまりグランド スクワロー(地リス)だったんです(チップマンクは顔にもシマ模様が続いているけどグランド スクワローは顔にはシマがないのが特徴).スクワローは木の上,チップマンクは地面にいるって知って すごく納得してたのに,グランド スクワローという中間みたいなのがいることがわかって,結局やっぱりそんなに整然と整理されてるわけじゃないんだなぁって痛感してしまいました.