BOSSエフェクターのガイドブッシュ

| コメント(0)

しばらく前に,愛用してたBOSS DS-1のガイドブッシュが融け落ちちゃったんです.なんかさわったら ねっとりとポケットにいれてたキャラメルみたいな感じになってて,そのままニュルンととれてしまいました.

あ,ガイドブッシュっていうのはコレ↓のことです.......って,わかるかっ!(^_^;) こんなんでわかったら警察いらんわっ!

...改めまして,ガイドブッシュていうのは,BOSSのコンパクト エフェクターのフムところ---電池をいれるフタになっている部分を一定範囲しか動かないように固定しているネジを受けているゴムの部品......って,わかりづらいわっ!(^_^;)

というわけで,下の写真を見て理解してください.フタにネジついてますよね? このフタの下側にはスプリングが仕込んであって,下の写真ではスプリングの力で跳ね上がった状態になってます.で,このフタを踏み込んで,ネジをぐるぐるとネジ込みますよね? すると,本体側の楕円形の穴にネジが入りますよね? フタを踏み込んだ足をどけるとスプリングでフタが上に押しもどされて,ネジが楕円形の穴の最上部にコツンとあたって止まる....という仕組みになってるんです....って,この記事を読んでる人には説明いらなかったのでは?(・_・ )

で,何が問題かというと,「ネジが楕円形の穴の最上部にコツンとあたる」部分がBOSS的にはマズイらしいのです.仕様書ではココには本来ゴムがはめてあって,「コツン」とではなく「ふわっ」と無音でとまらないといけないというのがBOSS的こだわわりのようなのです.で,この楕円形の穴の周囲にはまっているゴムのことを「ガイドブッシュ」と呼ぶんだそうです.ぼくも最初名前がわからなかったので,うまく ぐぐることもできず,Rolandのサポートにメールしたら,翌日電話がかかってきて,「ガイドブッシュていう部品だから,ぐぐれカス.楽器屋で注文すれば取り寄せてくれるし,でかい楽器屋にいったらもってるカモなー.」(要約)て教えてもらいました.

ぐぐってみるとわかるんですけど,このガイドブッシュ,みなさん融け落ちたり,崩壊したりしてるらしくて,あっちこっちに「ガイドブッシュを探してる」「どこに売ってるの?」みたいな記事が見つかります.ネット上で取り扱ってる業者もいくつかあって,ガイドブッシュ本体105円+送料350円~500円くらいが相場って感じ.

本体105円の部品が,送料が割り増しになって約500円というのは,いくらなんでもアレだと思ったので,まぁ,今度楽器屋によったときについでに調達すればいいや...とか思ってたんですけど,これが意外にない... 何件かまわって,やっと石橋楽器店 御茶ノ水店さんで見つけました.[注:石橋楽器 御茶ノ水店の2Fエフェクターのコーナーにあります.ただし,店舗用の補修部品(中古エフェクターの修理に使うもの)としておいてるらしくて,基本的に一般販売はしていなくて(売り場には展示してない),問い合わせてきた人がいたら1個とか少数だけ頒布してるということだそうです.] いやー,それにしても石橋楽器さん,いい仕事してます.

というわけで,ガイドブッシュをとりつけたDS-1の図↓.ガイドブッシュがなくても,踏みもどしたときにコツンと音がする程度で,実質たいした影響はなかったんですけど,あんまり放置しているとネジ山がつぶれて電池交換がたいへんになるんじゃなかろうかと心配していたので,ひと安心です.

おまけ:はたいのDS-1のセッティング.あはは......

コメントする

この記事について

このページは、Takashi Hataiが2012年11月24日 23:29に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「JOYSOUND f1試奏してきました」です。

次の記事は「コミケ献血で限定グッズ配ると死人でる理由」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 6.2