アドバンスド将棋と電王戦タッグマッチ

| コメント(0)

今月の学会誌『情報処理』のミニ特集「現役プロ棋士に勝ち越したコンピュータ将棋 〜第2回電王戦,第23回コンピュータ将棋選手権速報〜」から,もうひとつ興味深い記事を紹介します.

目標を消失したコンピュータ

第2回電王戦の結果から,現在のコンピュータ将棋ソフトは,すでにトップ プロ棋士と ほぼ互角に戦えるレベルになっているのは間違いなさそうで,内容を見ても おそらくプロ棋士を超えていると考えてよさそうです.機械に勝てなくなったことで,人間のプロ棋士もアイデンティティーの変化を求められているわけですけど,逆にいえば「人間に追いつけ・追い越せ」を目標に がんばってきた機械も目標を消失してしまったわけです.

将棋は基本的にはゲーム,つまり楽しむためにやるものなので,自動車ができてもマラソンがなくならないのと同じで,人間より強い機械ができても人間が将棋をやらなくなるわけではないですし,将棋の楽しみ方は勝ち方とイコールではないことも明らかでしょう.なにより,スポーツに共通する特徴として,一番強い数人だけが勝ちまくって楽しいわけではなく,むしろヘボ将棋を指している人のほうが楽しんでいるという面もあり,「楽しむこと」という目標が消失したわけではない人間のほうが悩みは浅いといってよさそうです. つまり,人間のプロ棋士は,依然として対局を観戦させたり,大盤解説や感想戦で指し手の意味を説明し,見どころを解説するなどの,これまでどおりの活動を(今後は明確なエンターテインメントとして)提供していくことになるでしょう.

あらたな目標は?

では,コンピューターの側はどうか,なのですけど,コンピュータ将棋研究でおなじみの松原仁先生は,次のような方向の研究が考えられるだろうと書いておられます[1].

  1. アドバンスド将棋(advanced shogi)
    人間同士の対局で,おたがいにお気に入りのソフトをもってきて,ソフトの提示する手を参考にしながら将棋を指す新ルールの将棋. 1997年に一足お先にグランドマスターを破ったコンピューターチェス[2]の世界では,すでにこの取り組みが進んでいるそうです.人間特有の うっかりミスをなくせるなど,意外とおもしろいんじゃないかと思います.今現在も,プロ棋士が他の棋士の対局を分析・解説する際に,詰みがあるかどうかなどはソフトを使って確認したりしている例は有名で,すでに受け入れ態勢は整ってきているのではないでしょうか.特に,アマチュア初段以下の方などは,せっかくよい対局だったのに1手ミスして台無しになってしまうなどの事故は多いわけで,このルールが一般的になれば将棋人口が増えるかもしれないとも思えます.
  2. 接待将棋
    最善手を指し続けるのではなく,人間の指し手から棋力を推定し,ときどき わざと最善ではない手や疑問手を指すなどの方法で,わざと接戦にするような方法です.接待将棋って人間がやっても意外に難しいのですよね... しかし,直感的には,接待将棋は,大きな逆転ポイントが潜んでいる手(疑問手)なども全部わかっているコンピュータの方が人間より うまくやれそうに思います.
  3. 教育
    将棋の勉強のお相手に.今でも「定跡道場」みたいな将棋の序盤解説書の電子版みたいなソフトはありますし,普通の対局用のソフトと対戦して自習するというのもありますが,もう少し進めてコンピュータの指す手の意味を提示するなどが考えられるのでしょうか... 「人間にわかりやすく説明する」というのが そもそもどうすれば人間にわかりやすいのかわかってないので,実現できるのかどうかわかりませんけど.


電王戦タッグマッチとアドバンスド将棋

今週末8月30日(土)に電王戦タッグマッチというエキシビジョン対局イベントが行われるのですが,これが実は先ほど解説したアドバンスド将棋になっています.

今年2014年3〜4月に行われた第2回電王戦に出場した人間のプロ棋士が,自分が対局したソフトを相棒にして,今度は人間同士(プロ棋士同士)で対局するという趣向です.プロ棋士はソフトが指す手を参考にしながらさしてよいルールです.

このイベント,実はすごく楽しいことになりそうな予感がします. 1時間切れ負け(決勝のみ持ち時間1時間+切れたら秒読み30秒)という,人間にとっては非常に負担の大きい早指し戦で,私が知る限り 以前からすべてのプロが「持ち時間が短ければ明らかにコンピューターが強い」と公言しているので,終盤とかコンピューターに任せっぱなしにする棋士続出じゃね?とか,ヘタすると初手からコンピュータの提示どおり指し続ける強者プロ棋士もでてしまうんじゃないか,なんて興味がつきません. 気楽なエキシビジョン イベントみたいに紹介されていますけど,将棋がわかる人たちの間では,「え!? 三浦八段,自分の手を1回も指さなかった!?(・_・;)」みたいな,第2回電王戦以上の衝撃が走る可能性があるんじゃないでしょうか....

参考文献

[1] 松原仁: コンピュータ将棋の今後,情報処理 Vol.54, No.9, Sep. 2013.
[2] Deep Blue - Wikipedia.
[3] 電王戦
[4] 電王戦タッグマッチ

コメントする

この記事について

このページは、Takashi Hataiが2013年8月28日 21:32に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「角と金の価値は ほぼ同じ?」です。

次の記事は「Cloud Drive どれがいいのかなぁ…」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 6.2