なんか引っ込みつかなくなってきた香水の話

| コメント(0)

めっちゃよく聞かれる質問「香水 何つかってるの?」ですけど,コレ→BVLGARI BLV POUR HOMMEです.

この香水を使いはじめたのは2002年12月9日で,もう10年以上この香水を使ってます. なんでそんなに正確にわかるかって,実はわかる理由があるんです.

2002年に はじめてアメリカの某社に出張にいったのですけど,そのときの飛行機の中で香水を忘れたことに気がついて機内販売で買ったのがコレでした.当時,ぼくは資生堂の香水…といっても液体のではなく もち歩きに便利なリップクリームみたいなタイプの香水?がお気に入りだったんですけど,大事な お客さんに会う(しかも初対面の人も多い)っていうのに香水わすれてくるなんて,なんてこったです.で,どうしようかなぁ…って考えているところにANAの機内販売の雑誌の中に見つけたのが,この BLV POUR HOMME でした.BLV POUR HOMME は2001年に発売されたばかりの(といっても1年くらいたってるわけですけど)新しい製品で,たぶん絶賛 売り出し中だったのだと思います.機内販売ってことで,旅行に便利な小さなボトル(5mLかな? おぼえてないですけど)✕10本のANA機内販売専用のタイアップ商品として売られていました.

ご存じの方も多いと思いますけど,BVLGARI には以前から,BLV でないノーマルのBVLGARI POUR HOMMEていう超定番商品があって,男性部門では常に1位をとりつづけるような大ベストセラーだったのですけど,ぼくはノーマル POUR HOMME の水くさい(青くさい?)感じのニオイが あまり好きじゃなくて,正直どうかなぁ…って思ったんですけど,まぁ,自分の好みはどうあれベストセラーなわけで,某社デビュー戦につけてくには無難なのだろうくらいの気もちでピンチヒッターをお任せすることにしたんです.で,実際 使ってみてビックリ.BLV はノーマル POUR HOMME より ずっと鮮明な明るい感じの香りで,一撃で気に入りました.

当時は,現在も弊社の言語処理系製品の主力商品になってる某製品の開発まっさかりで,このアメリカの某社が ぼくにとっての生命線でした.その初出張で出会ったのも何かの縁って感じで,それ以来ずっと この BLV が ぼくの愛用品になっているってわけです. 最近では あまりにもいろんな人から「香水 何つかってるの?」聞かれすぎて,愛用というよりは,今さら ひっこみつかない感じになってきているわけですけど(^_^;)


引っ込みつかないといえば,以前は時計もアメリカ某社対策のものを使ってました.

ああ,昔あったね,こんなの,みたいな2フェースの時計なんですけど,某社で「ぼくは毎日この時計をしてるんだよ,日本にいても みんなのことを忘れないようにね」とか ぶっこいてしまった都合上(そのくらい大切な取引先だったんです),これも他の選択肢なしの状態でした.某社との縁が切れたのを機につかわなくなりましたけど…
なんていうか,ちょい せつない想い出の品ですね.これ,HERMES Cape Cod シリーズのひとつなんですけど,もしかしたら,もう廃版になってるのかもしれません.このまま想い出の品として永久封印かもしれないです.

HERMESといえば,実は香水も2005〜2006年と2011年の一時期だけは HERMES NilTERRE D'HERMES にウワキしてた時期があるんです(もしかしたら気づいている人もいたかも).
個人的には BVLGARI みたいな いかついイメージのブランドより,HERMES の いたずら大好きっぽい感じが大好きです.HERMES て陳列棚に「なんだろコレ?」みたいなものがおいてあって,聞いてみたら,犬のリードだとか,ポストイット用ケースだとか,ウケ狙いですか!(^_^;)みたいな仕込みがしてあったりとか,ユーモア?のセンスが大好きなんですよね…

…で,何の話してたんでしたっけ?

コメントする

この記事について

このページは、Takashi Hataiが2013年10月15日 20:20に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「Cloud Drive どれがいいのかなぁ…」です。

次の記事は「意外に安い はたいの食費」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 6.2