パソコンの最近の記事

ブラボーFINALDATA!

イメージ 1

突如読めなくなり,バッファローのサポートさんに「なおりません」て見放された250GBのハードディスクですが,なんと,FINALDATAの「復元」機能を使ったら一発で直りました.ブラボーFINALDATA!

故障したのが5月の中ごろだから,結局1か月もかかっちゃったんですね.でも,なおってほんとよかったー.またCDやDVDのリッピングをやり直すなんて考えたくもないもの.
下の画面は復元完了した状態のディスク容量です.175GB復元できました.うろ覚えですけど,250GB中180GBくらい使っていたと記憶していますので,ロストしたデータはないと勝手に判断しました.

イメージ 2
ばっちし175GB復元できてます!

といわけで,このブラボーなFINALDATAについて,簡単にレポートしておきます.
ハードディスクが壊れた人いましたら,ご参考にしてくださいな.

※念のため… ここで「なおった」ていってるのはデータが救出できたという意味です.この読み出せなくなったハードディスクはもともとハードウェア的には壊れていなかったと思います.何かの拍子にファイルシステムに論理エラーが発生してWindowsから見えない状態になっていただけで,データ自体に異常はなかったと思います.HDDが物理的に壊れている場合にはFINALDATAを使うとトドメをさすと思いますので注意してくださいね.

スキャンに30時間,復元にさらに30時間…

冒頭で「一発でなおった」と書いたのですけど,実は最終的に復元完了するまでには,スキャンに30時間+復元に30時間=60時間超,丸3日以上かかりました.その間ハードディスクはまわりっぱなし,パソコンもつきっぱなしの状態です.ユーザがやることは,いくつかボタン押すくらいしかなく,とっても簡単なのですが,時間はものすごくかかります.
設定を変更してスキャンのやりなおしをする時間も含めて1週間はかかると思っておかなきゃいけないと思います.

参考:
  • FINALDATAのヘルプにも「8GBのハードディスクのスキャンには,平均で60分ほど」と書いてありますので,250GB÷8GB/時=31時間15分と,ほぼカタログスペックどおりの所要時間です.
  • 復元のほうは,30時間もかからないかもしれません.ぼくは何も考えずにとにかくすべてのファイルを救出しようと思ったので,System Volume Information(ボリューム情報)やRECYCLER(ゴミ箱)のような,明らかにユーザデータじゃないフォルダも復元するように選択しました.そのせいで,ファイル名がぶつかって2回ほど確認ダイアログがでて一時停止したためにトータルの時間が長くなりました.うまくやればもっと短くなるんだと思います.でも,相当に時間はかかると覚悟しておいたほうがいいです.

ハードに問題がある場合は確実にトドメをさしそう

復旧作業は,6月6日水曜日の深夜からスキャンを開始して,目視チェック等も含めて復元が終わったのが6月11日土曜日の朝という,ものすごい長期戦でした.さらに,実は,月曜日から火曜日にかけてもウィザードを使ってスキャンをかけて,結果が気に入らなくてキャンセルしていたので,ほとんど1週間近くかかりました.
その間あまりの激しいハードディスクへのアクセスぶりに,今度こそほんとにトドメをさしてしまうんじゃないかと気が気でない状態で,なかなかたいへんな心理状態でした.
ぼくの場合はハードウェアのほうには問題がなさそうな感じだったので,よかったのですが,もしもハード的に問題のあるディスクにFINALDATAでスキャンをかけたら,かなり確実にトドメをさすんじゃないでしょうか….

ウィーザード使わないほうがわかりやすい…

FINALDATAには普通の操作画面とは別にウィザードがついています.ウィザードを使うとほんとにボタンを1個押して復元したいドライブを選ぶだけという手軽さなんですけど,スキャン結果が拡張子ごとに表示されてしまうため,何がどこまで復元できるのかわかりにくく,ドライブ全体の復元というような使い方にはおすすめできないです.このウィザードはおそらくフォーマットしてしまったUSBメモリから数個だけデータを拾い出したいというような用途のためにあるのだと思います.普通の操作画面を使った場合,フォルダツリー等も含めて障害が起こる前のイメージそのままに表示されるし(下の画面参照),特に操作が難しくなるわけでもないので,普通はウィザードを使わないほうがいいと思います.

イメージ 3
ウィザードじゃないほうの画面

その他ご参考

  • 復元したデータを格納するために,復元もとより大きいサイズの別ディスクが必要です.HDDを直接修復するオプションもあって,一部このオプションが使えるケースがあるようですが,基本的には別のディスクを用意して復元したデータはそちらにコピーすることになります(FINALDATA推奨の復元方法).
  • スキャンしたクラスタデータをファイルに保存しておくことができます.この機能を使えば,障害が発生したディスクから,ほしいときにほしいファイルだけを復元するというような使い方もできます.検索もできますので,別ディスクにとにかく丸ごと復元というような強引な方法ではなくて,必要なものだけ拾い出すという方法で使いたい場合にも対応できるようです.
  • 障害の度合いが深くて障害が起こる前にどのフォルダに入っていたかわからないとか,ファイル名がわからなくなってる場合でも,「回収ディレクトリ」「回収ファイル」というフォルダに回収されるため,ここを探せば見つかるかもしれません.
  • ゴミ箱にはいっていたファイルは,ちゃんと削除したファイルとして認識され,「削除ディレクトリ」「削除ファイル」というフォルダに分類されますので,故意に削除したファイルまでごちゃごちゃに復元してしまってワケがわからなくなるという心配はありません.

関連記事

ハードディスク,やっぱり「なおりません」って

イメージ 1

修理にだしていたハードディスクがもどってきました.やっぱり「なおりません」って(くすん).
まぁ,よい! ヘンな音とかするわけじゃないんだから,きっと論理障害だよ.「業界No.1 信頼の復元力」のFINALDATAがスパスパっと復元してくれるさっ.

というわけで,ベクターでFINALDATAをダウンロード購入して(都合よく6月13日までキャンペーン価格でした.しかし8,505円,高っ),インストールも終わって,これからドキドキ復元実験室.うぉぉ,電源入れるのもコワーっ.とどめさしちゃったらどうしよう.

打痕あり?

とまぁ,バッファローにお願いしてもなおらなかったわけですが(というか,やっぱりディスクを初期化したりとかするなって条件をつけてしまったからか,読めないことの確認しかしてないご様子),不思議なことに修理レポートに「フロントパネル,リアパネル,ケースに打痕を確認」てなってるんですよね(下の画像参照).
イメージ 2

で,「えっ」と思って,なめるように現物を確認したけど,どこにも打痕なんて見あたりません(バッファローの修理の方は顕微鏡か何か使っておられる?).そりゃそうです,このハードディスクは持ち運びするタイプじゃないから,最初に買ってきて設置したまま一度も場所移動とかしてなくて,打痕なんてつく理由がないですから….写真のように見た目ピカピカです(って,写真じゃわからないか…).そりゃぁ,もう,新品の箱に入れておいたら誰も中古だとは気がつかないくらいに!
イメージ 3

さらに読み進むと「取扱い不良(打痕)が確認されたため保証対象外」なんですと! ええー,まだ7か月しか使ってないのに有料修理?? それってハードディスク交換だとほんとにベアドライブを買うのと同じだけかかるってこと??(涙)

というわけで,バックアップがフルでなかっただけために,えらい出費です(泣).FINALDATAにしたって,8,500円て,あんまりだよ,足元見られすぎ! 250GBのベアドライブが13,000円で売ってるのに! なんだか呪われてる感じがしてきました.

っと,気をとりなおして復旧,復旧…


関連記事リンク

イメージ 1

スパムキラー育成計画

ホームページとか開設されておられる方はご存知かと思いますけど,スパム(迷惑メール)がすごいんです.数年前からインターネット中を巡回してメールアドレスらしきものをかたっぱしから集めてくるというフリーウェアが普及してきて,ホームページの連絡先などにメールアドレスをかくだけで,おそろしいほど迷惑メール(特にアダルトなの)がくるようになります.
それで,最近は「namae@yahoo.co.jp」みたいに全部全角でかいておいて,メールしてもらう際に半角で打ちなおしてもらうようにするとか,アナログな対策をやってる人が多いわけですけど,すでにスパム送信業者の名簿には登録されてしまっているので,あとの祭りです.
最近では,ほんと,メールボックスの大半がアダルト迷惑メールだったりして…

ベイジアン フィルター

それで,遅まきながら,迷惑メール対策ソフトを導入しました.最近流行の「ベイジアン フィルター」搭載のソフトで,なんでも「ベイズ理論」に基づくナントカ カントカ(略).具体的にはマカフィーのスパムキラーというソフトです.

このベイジアン フィルターていうのは,スパムが届くたびに「これがスパムメールだよ~」と教えてあげると,その文書の特徴を学習して,似たような感じのメールが届くと自動的に「スパムかも?」と判定するようになるという,なんとも未来ちっくな,いわゆる,その,AI(人工知能)みたいな?ソフトなんです.

単に迷惑メール対策といっても,AI育成なんてキーワードがチラつくと,がぜんヤル気がでてくるじゃないですか? それで,5月のはじめ頃に購入してから約1か月ほど,1日10通くらいずつスパムを食わせてコツコツと育ててきたわけです.
最初はぜんぜんアホウで,すべての迷惑メールを素通ししていたものが,最近では確実に半分くらいはブロックしてくれるようになりました.ベイジアン フィルターは単に文字列が一致しているかどうかをみているわけではないので,送信者が毎回文面を少しずつ変えてくるというような手口にもちゃんと対応できる おりこうさんぶりです(えらい!うちの子天才!)

こうなってくると,毎日スパムがスパムホイホイの中にどれだけ入っているのか見るのが楽しくなってきて,もっとスパムこないかなぁ~とかウキウキしちゃいますから不思議ですよね.



ご参考

  • マカフィースパムキラーが初期状態ですべての迷惑メールをスルーしてしまうのは,初期状態では英語の迷惑メールしか学習させてないからだと思います.もともと英語版のソフトなので.
  • Yahoo!メールを使っておられる人は,ヤフーのサーバ側でスパムガード(SpamGuard)という同じようなソフトが動いてるみたいなので,不要かもしれないです.
  • 最近BIGLOBEが同じようなサービスを実験提供しててモニターになって利用してみたのですが,すごくよい精度でした.自分で育成するより,みんなで育成したのに相乗りさしてもらうほうが効率がいいですよね.でも自分で育成したのは特別な愛情が….
  • POPFileていうフリーのベイジアン フィルターもよく使われているのですけど,設定が難しいのがたいへんです.
  • でも,マカフィースパムキラーて,どうも動作がおかしいときがあって,ん~.

重要な注意事項(2005年07月27日追記)

マカフィースパムキラーをインストールすると,CPU使用率が100%になり,パソコンが正常に動作しなくなるという問題点が報告されています.問題はスパムキラーの構成プログラムのひとつである“MSKSrvr.exe”にあるようで,このプログラム名をキーワードにしてYahoo!やGoogleなどで検索してもらえば,世界中の多数の人が同じ現象を報告していることがわかります.
私もマカフィーに同件で問い合わせ中ですが,対応は芳しくなく,なおるようすもないため,現状では残念ながら,マカフィースパムキラーのご購入はおすすめできない状態です.

どライブドアでケーブルすっきり

イメージ 1

ハードディスクが壊れて1週間になりますが,なぜか何不自由なく暮らしております.
ディスクが読めなくなたとわかった瞬間はあわてましたけど,1週間もたってみると「なければないでいいのかも~」という状態になってくるので不思議です.まぁ,大半は原盤のあるCD・DVDのデータで,他の自分で作ったデータはバックアップがあるので,困らなくて当然といえば当然ですけど…文明の利器って意外とこんなものかもとか思ってしまいます.

ディスクが壊れたのを期に,ディスク構成を再編をはじめました.
というのも,これまでUSB接続の外付けのディスクを3台もつないでいたので,それはもう,どうにもケーブルがたいへんなことになっていました.

イメージ 2

そこで以前から目をつけていた「ドライブドア」を導入しました(写真中央の大きい方の白い箱がドライブドアです).ドライブドアというは,デスクトップPC用3.5インチHDDを4台内蔵できるUSB接続のHDDケースで,HDD自体は別売で箱だけ売ってるというマニアックな装置です.あまり一般の人が使うようなものではないのですけど,名前がアレなもので,なんだか有名だったりします.なんでも某社長もニッ○゜ン放送の株券を入れておくのにちょうどいいサイズだとかなんとか…いってませんね(というか株券ってどんなサイズなんだろう?)

作戦は単純で,このドライブドアに,今もっている3台(うち1台修理中)の外付けHDDを分解して取り出したHDDを詰め込んでしまおうというものです.
作業はたいして難しくはなくて,コネクタをはめたりネジをまわしたりすれば出来上がりです.これで,ケーブルがモニャモニャとなっていたものが,USBケーブル・電源ケーブル各1本ずつにまとまってスッキリきもちいい状態になりました.

USBの外付け機器って便利でいいですけど,ケーブルがたいへんなのがたいへんですよね.
なんだか最近はワイヤレスUSBていう規格もできつつあるようで,期待してます.


騒音ジェット機なみ?

★ここから番外編です.工作に自信がない人はマネしないでね.★
ケーブルがすっきりしたのはよかったのですけど,このドライブドアのファンが えらいうるさいんです.まぁ,このせまい箱の中にハードディスクを4台も詰め込むわけですから,ある程度換気が必要なのはわかるのですけど,それにしてもパソコンまるごと1台分以上の騒音をだしてます.
主に深夜にパソコンを使っている身からすると,これはいくらなんでも耐えられそうにないので,ファンを交換しました.

ドライブドアに標準でついてるのは8cm角のケースファンで,大きさやネジ穴の位置は普通のケースファンと同じなので,パソコンショップに売ってる8cm角の静音ファンと交換できます.
ただ,通常のケースファンは3極のコネクタがついているのですが,ドライブドアのケースファンは,あまり見かけない2極のコネクタになってます.このままでは,ファン自体は取り付けられても,ファンをまわすための電源コネクタがつながりません.

イメージ 3
イメージ 4
ドライブドアのファン普通のケースファン
イメージ 5
イメージ 6
ドライブドアの2極コネクタ普通のファンの3極コネクタ

対策はいろいろあるのですけど,一番簡単なのが,基盤からジャマなコネクタキャップをはずしてしまってコネクタのピンをむき出しにして,そこに3極コネクタのうちの2極だけを差し込んだ状態にする方法です.ピンの本数は違いますけど,極の幅自体は同じなので,これで問題なく動きます.

イメージ 7
イメージ 8
コネクタキャップをはずすはずしたコネクタキャップ
イメージ 9
イメージ 10
むき出しのコネクタピン3極のコネクタをはめた状態

ドライブドアをおもちでファンの騒音にお悩みの方はチャレンジしてみてくださいね.

ハードディスクが故障しました

イメージ 1

ハードディスクが故障しました.ただ,ハード的にクラッシュしたのではなさそうで(というかディスクそのものは無事と信じたい…),アクセスしようとかなり長時間ランプがつきっぱなしになり,「Eドライブはフォーマットされていません.いますぐフォーマットしますか?」というメッセージがでてしまって読めないんです.
パソコンを再起動したり,USBハブをはずして直結してみたりしてもダメで(「パソコンを再起動したら直るかも」と思うあたりがWindowsだね),泣く泣く修理に出すことになりました.
Cドライブじゃなかったのが不幸中の幸いですけど…

イメージ 2

故障したのは外付け(USB)の250GBのディスクです.バッファローのHD-250U2(写真)という製品でアルミボディ全体で放熱するためファンなしで駆動し,とっても静かなのが自慢の一品.メインで使ってるノートパソコンに接続しているディスクで,週次バックアップからビデオから ありとあらゆるデータを大量に(180GB超程度)保存してあったので 大ショックです.しかも,まだ買って7か月しかたってない 比較的新しいディスクでした.



とりあえずバックアップはあるけど…

実は自分で作ったデータとかは,別の外付けディスクにバックアップがとってあるのですけど,全部じゃないんです.というのがこのバックアップ用のディスクというのが120GBしかないため,紛失しても再度作り直せるデータはバックアップの対象からはずしていたからです.
具体的にバックアップ対象からはずしていたのは…,
(1)音楽ファイル,(2)ビデオファイル,(3)CドライブやSonicStageなど著作権管理機能がついたソフトのバックアップファイルの3種類でした.で,(3)はいいとして,問題は(1)音楽と(2)ビデオ.実はこの2種類が180GB超のデータの大部分で,「まぁ,原盤のCDやDVDがあるんだからいいや」と軽い気もちでバックアップ対象からはずしたのですが,もしかして,またリッピングを イチからやりなおすの?(号泣)(というかムリ!)
いくら原盤があるっていっても,やっぱりバックアップしとくべきだったよぉ….

FINALDATAはどうだろう…

箱の中で異常音がするとかいうことはなかったので,ディスクの板そのものが壊れたのではないと信じて,ヨドバシカメラにもっていって,いろいろ相談しました(たいへん親切なお兄さんが対応してくれました).
でも,予想通り,バッファローにもどしても基本的にディスク本体を交換してもどされる可能性が高そうとのことでした.しかたないので,いちるの望みをつなぐため,「基盤の交換だけでOKだったとかいう場合だけ修理してもらって,ディスクそのものには手をつけずにもどしてください」と頼んで あずけました.

さらに,ヨドバシカメラのお兄さんに次の2つを聞いてみました.
  • データ復旧サービスってどうよ?(ヨドバシカメラで アルファテクノというPCレスキュー会社の復旧サービスが依頼できるそうです)
  • いったんフォーマットしたあと,FINALDATAなどファイル復活ソフトを使えば けっこうひろえるもの?
しかし,復旧サービスは高すぎて論外でした.超低価格と銘打っているけど,3GBまでで12万円,120GBオーバーになると33万円もします.
FINALDATAの方はWebの製品紹介ページを見る限り,フォーマットしたり,パーティション削除したり,ファイルシステムの異常にも対応しているようで,なんだか希望がもてる気がしています(すでにご使用になられた方おられましたら情報いただけると助かります).

さてさて,どうなることやら…
この顛末はまた来週?

イメージ 1

しずかなパソコンがほしい…

うちでは2台のパソコンがつけっぱなしになっています.1台はビデオ用,もう1台はLinuxサーバです(ふだん使うマシンはDELLの豪華なノートパソコンで,こちらは使うときだけ電源ON).しかし,これが省スペースとローコストを優先して両方ともスリムケースにしてしまったため,とにかくうるさくて困っています.
あ,ピンとこないひとのために,解説を…スリムケースにすると音がうるさくなるのは,(1)タワー型のケースなどと違ってケース内に空気が流れるゆとりが小さくなるため熱がこもりやすく,強制的に排気する必要が出ること,(2)ケースの幅が小さくなるためファンの口径が小さくなり,小さな口径のファンで流量を出すためにファンを高速でまわさなければならなくなることの2つが主な理由です.また,単に音量の面で不利なだけでなく,ファンの口径が小さいと回転ノイズが高音側によってしまい,キーンというとても耳障りな音になることも問題です.
私の使っているケースは,CPUファン,ケースファン,電源ファンの3ファン構成で,まぁ,ふつうの構成ですが,ファンの口径がいずれも6~8センチと小さく(といってもスリムケースではふつうですけど),深夜などは高音のファン回転ノイズが気になります.
そこで覚悟を決めて今日(2005/02/26)1日,秋葉原を歩き回って静音PCケースを探し回りました.

ちいさくて・かるくて・しずかなキューブ ベアボーン

1日歩き回った成果がトップの写真のキューブ ベアボーンuneec製“Fur Fusion H865G”です(日本での販売はQuixun?).
ふつう静音化するというと,ミドルタワーくらいの大きいケースにしてSeasonic製の熱効率のよい電源+口径12cmのゆったりまわるケースファンにする,というのが定石なのですが,私の場合「買い換えるときは前のものより物理的に小さくなり,論理的には大きくなること」という自分ルールを遵守しているため,今回は最初からキューブ狙いです.
しかし,冒頭で説明したように,ケースが小さくなる→ファンが小さくなる→回転数をあげてカバー→うるさくなる,という基本原則がありますので,品定めは猛烈に難航しました.結局5時間近くかけて探し回って選んだのが,写真のケースです.

このキューブケースの優秀なところは,ファンが1個しかないことです.口径は9cmで,わりとゆっくりまわっているようです.熱源の配置を工夫して1個の9cmファンだけで冷却できるようになっています.メーカーのuneecは,このしくみを“4-in-1 Thermal Jet”と名づけて特許もとっているようです.
キューブケースの標準的なファン構成は,CPUをヒートパイプつきのヒートシンクで冷やすタイプだと,ケースファンと電源ファンの2ファン構成,CPUをCPUファンで冷やすタイプだと3ファン,さらにビデオチップにもファンが必要なものだと4ファン構成まであります.静音の面で特に問題なのは電源に内蔵されているファンで,これがうるささの大半を占めているといっていいと思うのですが,このFur Fusion H865Gは,電源内部で小さなファンがギュンギュンまわっているというようなことはなく,全体を冷やす1個の9cmファンが電源ユニットを通過させて排気するようになっており,通常の電源ファンとは比べ物にならないくらい静かでした.

さらに優秀なことに,この9cmファン,普通の規格サイズのファンなので,さらに静音のファンと交換することもできます(フリージアさんには毎分1200回転,10dbの9cmファンがありました.静音で有名なSeasonic製の静音電源が23dbくらいであることを考えると非常に優秀な静音パソコンが作れます※).
さらにさらに優秀なことに,このFur Fusion H865Gの電源は,ふつうのMicro-ATX電源と工完することもできます(ネジ位置・開口部のサイズが合います.実際に手元にあったSeasonic製の静音Micro-ATX電源をとりつけて確認済み).なので,もし万が一,標準の4-in-1 Thermal Jetでは静音さや冷却に不満があってもSeasonic製の電源に変更するなどの方法で何とかなりそうです.
他のキューブケースが独自仕様の形状の電源を採用していてパーツ交換が難しいことを考えると,このあたりの設計はうまいと思いました.
筐体も全面アルミでよく冷えそうです.

※9cmファンと電源ユニットをとめている4つのネジうち2つにプラスチックのカバー(?)がかぶせてあり,ファンを交換すると「改造」したことがばれるようになっていますので,ご注意を…

ところでお値段は…

フリージアさんのPCケースを大量に扱っている店(フリージア サポート200)で19,950円でした.ソフマップは21,800円,最安値をつけていたのはクレバリーでしたが在庫がありませんでした(しかも次回入荷未定).在庫をもっている店の中ではフリージアが最安値のようです.Fur Fusionブランドの製品はわりとポピュラーなのですが(ソフマップのライスバーガーパソコンにも採用されているし),Prescott対応のPentium4/CeleronDが使えるタイプのものは非常に在庫が薄い状態になっているようです(店員さんがメーカーから最後の在庫4個をわけてもらったといっておられました).
しかし,19,950円というと,CeleronD 2.66MHzが9,000円くらい,250GBのHDDが約14,000円,メモリが512MBで7,000円,DVDマルチが約7,000円だから,いちばん高い部品になってしまいました….

参考

T-ZONEでshuttle社製(shuttle社はキューブ筐体ではたいへん有名な会社)の12Vの外部ACアダプタで駆動するキューブケースを見つけましたが,(ソケットはあうのにBIOSがあわないらしく)現在使用中のCeleronD(Prescott版)を流用できないことがわかり,断念….