ブログのバックアップ(ブログが消えないか心配で眠れない人のために)1/2

| コメント(7)
イメージ 1

だんごさんから,ブログに書き込んだ記事とかって,将来もずっと残せるものなの?ていう質問をいただきました.どんな質問なのか簡単にまとめると…

  • (1)ブログのデータはサーバにある.画像などは自分のパソコンに原版が残っているのでよいとしても,文章部分とコメント部分はブログのサーバ上にしかなく,サーバから消えちゃわないか(サーバが消えちゃわないか)心配.
  • (2)ブログってこれからもずっと続けていけるものなの? データはがどんどん増えてパンクしてしまわないの? ヤフーがブログをやめちゃう可能性は?

同じような疑問をもっている方がけっこうおられるようなので,できるかぎり回答してみたいと思います.

まず,(1)ですけど,サーバから消えてしまうことは十分にありえますので,バックアップが必要です.消えてしまう原因としては,大きく分けて次の2種類が考えられます.

  • (1a)Yahoo!のサーバのトラブルで消えちゃうケース
  • (1b)自分で間違って削除ボタンを押すなどして消してしまうケース

(1a)のYahoo!側のトラブルについては,完全にないとはいえませんけど,確率は低いと思います.Yahoo!もそんなことで信用をなくしたくないと思いますので,そういうことが起こらないようにがんばってると思います.もしシステムトラブルで過去記事が全部吹き飛ぶなんてことがおこったら,たぶんユーザは激怒するでしょう.ご存知の通りYahoo!ブログは無料サービスなんですけど,実際にそんなことがおこったら,有料か無料かなんか関係なく激怒するに違いありません.Yahoo!みたいに「ユーザがたくさんいること」自体を価値にかえて経営している企業の場合,ユーザの気分を害してしまうのは一番よくないことなので,そうとう慎重に運営していると思います(そのわりにはコメントがどっかいっちゃう問題はよくおこっているように思いますけど…ぼくのとこは書庫が見えなくなったこともあったし…).
おそらくですけど,ブログもシステム側で ある程度バックアップがとられていて,サーバが故障などの際にはバックアップから復元してくれたりするんじゃないかと期待します.その場合,ごく最近の記事以外はもとにもどると思われます.
Yahoo!のトラブルによる問題より ありそうなのが,(1b)の自分で消しちゃうケースです.自分のブログだと記事でもコメントでも[×]ボタンを押すと消せてしまいますよね.あと,間違って「閉鎖」ていう処理をしてしまうと全部消えてしまうと思います.これについては,バックアップがなければどうしようもありません
というわけで,Yahoo!のサーバが壊れちゃわないか心配するよりは,自分が間違った操作で消してしまった場合に備えてバックアップをとっておくと考えるのがよいと思います.

バックアップのとり方については後述します.


次に,(2)のずっと(一生?)続けていけるかについてですけど,次の2つにわけて説明したいと思います.

  • (2a)単純な意味で記事を無限に増やし続けられるのか
  • (2b)Yahoo!がブログサービスをやめてしまったり,Yahoo!自身がなくなってしまったりしたら?


(2a)このまま増え続けるとYahoo!がパンクする?
記事を無限に増やし続けられるのかについてですが,これについては明確な制限があって,画像(写真など)の容量は2GBまでということになっています.したがって,2GBに到達してしまった場合,古い写真を削除して空き容量を増やさないと画像をつけた記事が作れなくなります(文字部分には容量の制限はありませんので文字だけの記事ならいくらでも増やせます;あと,2GB使い切っちゃったら別に新しいブログをつくってしまうという手も…).
さらに,ひとつの記事には2MBまでという制限もありますので,これをもとに2GBがどれくらいの量かを計算してみると,毎回上限いっぱいの2MBの画像をいれた記事を作ったとして1024記事までつくれることがわかります.これは毎日1記事ずつで最低でも約2年10か月使えるという計算です.実際には画像のない記事や小さな画像だけの記事もあると思いますので,普通に考えて5年くらいは大丈夫なんじゃないかという気がします(ぼくみたいに更新が週に1回とかだと最低でも20年は大丈夫な計算…うれしいやら悲しいやら…).
あと,この「画像は2GBまで」という制限も,あくまで現時点の制限であって,将来もずっとこのままとも思いにくいです.最初6MB?からスタートしたYahoo!メールが今は1GBまでOKになっているように,だんだん増えていくと考えるのが自然で,実際に2GBを使い切ってしまったけど さらに続けたいというユーザがでてくればYahoo!も何か対策を考えると思います.たとえば,制限を超えてしまう人向けに,お得意の「プレミアム会員は○○GBまでOK」とか,1GBあたり250円/月の超過料金をとるとかすればいいので,2GB制限というのは一時的なものと思ってもいいのかもしれません.実際,ライバルgoogooブログは有料サービス(月額290円)に切り替えるとYahoo!の500倍の1TB=1024GBまで使えるようになっています.Yahoo!も対抗上,何か方法を用意すると期待していいんじゃないでしょうか.
というわけで,この点ではあまり心配いらないという気がします.


(2b)Yahoo!の都合で打ち切りの可能性は?
Yahoo!がブログサービスをやめてしまう可能性は当然あります.もちろんすぐにではないですけど,別の何か面白いことがはやってきた結果,ブログが廃れてきたりすれば,当然「ごめんなさい」はありえるんだと思っています.
ただ,これは今のところ遠い将来のことのように思えるし(流行り廃りって意外と早く進行するから油断ならないけど),更新やコメントをつけたりするのはできなくなっても,見るくらいはできるようにしておいておいてくれるとか,何か対策があるんじゃないでしょうか.
また,このようなケースについても自分でバックアップをとっておき,別のWebサーバにアップロードして生かす方法は有効ですので,やっぱりバックアップはとっておくべきかと思います.
また,Yahoo!が経営難になってブログサービスの継続ができなくなるというようなケースについては心配いらないと思います.まず,無料が難しくなった時点で少しだけお金をとるなど次善策を講じて収益源にあてることを考えるだろうし(価値のあるブログをもっている人はお金を払わざるをえないでしょうから,必要なだけとればいい…),Yahoo!が自分で続けるのがイヤになった場合でも,ブログ事業を他社(たとえばライブドア)に売却するだけだと思います(しかも,すごい額で売却できる可能性大).その場合は名前はかわるでしょうけど,ユーザはそのままブログを続けることができると期待できます(ダイエーホークスがソフトバンクホークスになる程度の変化ですむと期待できます).

コメント(7)

TITLE: No title
SECRET: 0
PASS:
うんうん、今回は違う意味でいい記事だったね。ブログ人気がいつまで続くかで私たちの運命も決まるわけね~

TITLE: No title
SECRET: 0
PASS:
hataiさん~忙しいのにありがとう、一気に読んじゃいました。感激です(^◇^)/ こんなにちゃんと答えてくれるなんてホント、ありがとう。バックアップの方法また今度教えて下さい。

TITLE: No title
SECRET: 0
PASS:
ラベンダーさんは,そういえば,1日1記事以上書いてる人(仮にヘビーブロガーと呼ぶことにしよう…)ですよね,しかも必ず1個は写真が入ってる気がするし…となると,上の計算でいくと2年10か月より早く「2GBのカベ」がきてしまうのかも(予定日は2007年のいつか?).まぁ,必殺技「もう1個ブログをつくる」手がありますので,たいして深刻ではないのですけども.

TITLE: No title
SECRET: 0
PASS:
だんごさん,バックアップ方法追加しました.ただし別記事です.というのが,1個の記事に書ける文字数は5000文字までらしくって,2個に分けないといけなくって,でも一定時間あたりに投稿できる記事の数(文字の数?)に制限があるのか,しばらく受け付けてくれなかったんです(原稿はできてたんですけども).あんまりいい手がないっていう結論ですみませんけど,参考にしてください.

TITLE: No title
SECRET: 0
PASS:
そうなのよん^^;予防策として他のブログも作ってあるけれど記事うつすのが面倒でそのまま・・・by ヘビーブロガーでしたヽ(^o^)丿

TITLE: No title
SECRET: 0
PASS:
ラベンダーさんに教えてもらってやってきました。なるほど!よくわかりました!

TITLE: No title
SECRET: 0
PASS:
はじめまして,smn2003さん,ご訪問ありがとございます. これは11月の記事ですけど,最近気になっているのがYahoo!ブログのサーバーが これでもかっていうほど重いのにちっとも解消されないことなんです.最初はYahoo!のことだから,じきに直るだろうと楽観してたんですけども,あまりにも重いので別のサイトに引っ越してしまった人とか少なくないし,口コミ系サイトでもYahoo!ブログだけはやめとけみたいな話が出回ってることだったりします.あんまり悪評が定着しないうちに何とかしてもらえるといいんですけども….

コメントする