ゲッティー美術館にぼくの作品を展示しました

| コメント(14)
イメージ 1

今週はゲッティー美術館(Getty Museum)にいってきました.
ゲッティー美術館というのは,大富豪の 故 J. ポール ゲッティー(J. Paul Getty)さんが収集・寄贈した美術品を美術館として開放しているもので,ロサンゼルスで一番人気のある美術館です.ゲッティーさんは,12億ドル(単純に換算して4320億円,当時の価値だと たぶんもっとすごい額)も美術館に遺産を残したのだそうで,それはもう,もはや国や自治体では不可能な豪華さです.
もともとはロサンゼルスよりだいぶ北のマリブというところにあったゲッティーさんの邸宅を美術館として使っていたのだそうですが,現在はロサンゼルスの市街地(ダウンタウン)を見下ろす高い山の上に移転していて,美術館の中だけでなく,景色を見ながら周りを歩いているだけで幸せになれる感じです.

展示品は,絵画はもちろん,中世ヨーロッパの贅を尽くした家具,彫像,羊皮紙の本(アレクサンダー大王とかシーザーの伝記など金箔を貼った絵にカリグラフィーの手書き文字が感動的に美しいです),古代文明の出土品など,幅広いです.絵も彫刻も家具も誰もが一目見てすぐにすばらしい作品だってわかるような,典型的(古典的?)な美術品なので,誰でも気軽に楽しめます.

イメージ 2
イメージ 3

ボストン美術館(Boston Museum of Fine Arts)にいったときも感じたんですけど,アメリカの美術館ていうのは,とてもフレンドリーな感じで開放的なのが印象的でした.日本だと,美術館て気難しい感じで,お客もツウの人が対象,展示もズーンと威厳をだして なんともいえない緊張感を感じさせる雰囲気なことが多いように思うのですけど,アメリカの美術館は ほんとに普通のアミューズメントな感じがします.
特にこのゲッティー美術館は,美術館の広大な敷地の中に庭園とか芝生の庭(ピクニック エリア)とかがあって,たくさんの家族ずれがピクニック風にお弁当を広げて食べていたり,子どもが芝生の丘をゴロゴロ転がり落ちて遊んでいたりして,日本の人が見たら絶対に美術館だとは思えないような陽気な雰囲気が漂ってます.

イメージ 4
イメージ 5
2階から1階を撮影.めちゃ高いですみんなも描いてみようのコーナー
イメージ 6
イメージ 7
ゲッティー美術館の外観(ごく一部)プラザ部分(南側)

フレンドリーさの極めつけが,自分で絵を描いてみるコーナーがあることです.展示品を見終わったあと,「では皆さんも描いてみましょう」とかいうノリのようです.さらに驚くのがアメリカ人のノリのよさ.いい美術品をたくさん見て気分がよくなってるのか,かなり多くの人がほんとにデッサンをする席に座って絵を描き始めたりします.しかも,全然うまくないんだけど,めちゃ真剣(^_^;) 初老のおじさんとかが,奥さんといっしょに,「ん~,どうかなぁ…」「あら,いい感じじゃありませんこと?」とかいいながらデッサンやってるわけです(ぼくは心の中で「全然立体感がないじゃん!」とか突っ込んでましたけども).

というわけで,ぼくも これは絶好のチャンスではありませんか?ということで,ぼくも1点描いて展示エリアに展示してきました.トップの絵がゲッティー美術館に展示されてる ぼくの絵です.
「Made at the Getty」のスタンプは,普通は小さいサイズのスケッチには押してもらえないみたいなんですけど,係りのお姉さんに頼んで押してもらいました(わざわざ押してもらうスペースあけといたもん).スタンプ押してもらうときに「この絵どうですか?」て聞いたら,「グレイト!」ていってましたけど,顔がメチャ笑ってました.


こってりさん,
お客さんが描いた絵の中に,ドラゴンボールの悟空がスーパーサイヤ人になって燃えてるところの絵もありましたよ(ダニエル・ヒューストン Jr.くん?歳の作品).アメリカの美術館員の人は「そんな展示なかったでしょ!」とはいわないで,掲示してくれるみたいです.

コメント(14)

TITLE: No title
SECRET: 0
PASS:
んふふ♡hataiさんも画家の仲間入りしたのね~^m^

TITLE: No title
SECRET: 0
PASS:
コメ

TITLE: No title
SECRET: 0
PASS:
かなりいい感じで異彩を放ってましたから,もしかしたら美術館員の方の目にとまって…外されるかもしれませんね.いやいや,まぁ,こちらの方は みんな寛容でユーモアとか好きだから,たぶん大丈夫でしょう.来週もいって,もう1回描いてこようかな.

TITLE: No title
SECRET: 0
PASS:
さすがアメリカですね!! そして、はたいさんの絵!!これってスゴイですね~!! 何だか嬉しい気分^^

TITLE: No title
SECRET: 0
PASS:
日本にも、家族で気軽に美術館みたいな開放的な美術館とかできると嬉しいですね。あとデートで気軽に美術館とかもいいですね~。きっと、ダニエル少年は美術館の中でスーパーサイヤ人の姿を見たのでしょう。そして大人には見えないのかもしれません。座敷わらしのように(笑)

TITLE: No title
SECRET: 0
PASS:
ぼくも この美術館にいると とてもうれしい気分でした. ぼくの絵は,ライオンをやっつけたヘラクレス像をバックに写真撮影してるところを描いたものです.でも,このヘラクレス像には秘密があって,お客が背中を向けると頭をたたこうとするという設定です(^_^;)

TITLE: No title
SECRET: 0
PASS:
あ,そうそう,写真で思い出しましたけど,この美術館はフラッシュなしなら自由に写真が撮れます.日本で美術館にいってたときは美術館は写真を撮ってはいけないのが常識と思っていたんですけど,よくよく聞いてみると,他の美術館から借りて展示しているものは著作権の問題があるので写真撮影ができないものがあるということなんだそうで,この美術館みたいに自前の作品の場合は写真をとってもいいらしいのです.日本はたいていよそから借りてきているから写真をとってはいけないイメージだったんですね.勉強になりました.

TITLE: No title
SECRET: 0
PASS:
こってりさん,この美術館はデートの人もたくさんいましたよ.カップルが芝生(ピクニック エリア)に寝転がってロサンゼルスの摩天楼をスケッチしてたりします.ほんと,めちゃ寛容な雰囲気です.こってりさん&YAMAZOKUさんも一枚ずつ いかがですか? 大きい紙もあるので,本格的なマンガもOKです.

TITLE: No title
SECRET: 0
PASS:
私も買ったボールペンで絵を描いてみたいでありますね(`・ω・´) でも絵は下手なので、絵が文章に変わっていることは否定できません。

TITLE: No title
SECRET: 0
PASS:
ご無沙汰してます。はたいさんの絵もいよいよアメリカの美術館に飾られる時が来たんですね。本当に美術館にしてもアメリカと言う大きなお国柄が出てますね。日本の美術館もこうありたいものです。はたいさんが帰国したらいっちょ『はたいグレート美術館』でもつくってみますか?^^

TITLE: No title
SECRET: 0
PASS:
ミィさん,ゲッティー美術館のぼくの作品もボールペンで書きましたよ~.ミィさんのみたいなステキなのじゃなくて普通のプラスティックのですけど.いい道具をもつと,使うのが楽しいですよね~.

TITLE: No title
SECRET: 0
PASS:
すすむさん,いちおうココが ぼくのミュージアムっぽいです.描いた絵はたいていココに掲示しています,というか,ここに掲示するための絵を描いてるっていう方が正しいですね.YAMAZOKUさんみたいに すごいのいっぱいだといいんですけども,しロート製薬ですからねー.

TITLE: No title
SECRET: 0
PASS:
深い意味があるんですね^^

TITLE: No title
SECRET: 0
PASS:
そうですね,写真をとっちゃいけない理由が「借り物だから」だったなんて すごく意外でした.ということは,たぶん日本でも自前の展示品は写真とれるんですよね,今度日本にもどったら美術館にいって聞いてみましょう…(って,やっぱダメっていわれたりして…)

コメントする