flash pluginの再インストール

概要 アップグレードなどによりブラウザ内でflashが表示できなくなった場合の回復方法
検証環境 ubuntu 10.10 (AMD64)

OSのアップグレードを行ったりした場合に,flash pluginが無効になる場合があるようです. flash動画が貼られているWebページを表示した場合に“missing flagin”のように表示される場合,再インストールを行うと解決する可能性が高いようです.次の手順を試してみてください.

flashplugin-installerを再インストール

System > Administration > Synaptic Package Managerで,flashplugin-installerを見つけてください(“flash”で検索すれば容易に見つかると思います). 以前動いていたのであれば すでにインストールされている状態になっていると思いますが,強制的に再インストールを行うため,flashplugin-installerを右クリックして“Mark for Reinstallation”(再インストールにマークする)を選び,“Apply”します.

図1. flashplugin-installerをreinstallation

(備考)flashプラグインの実体はlibflashplayer.soなので,再インストールが前後で locate libflashplayer.soを実行して変化を調べておくとよいかもしれません.ちなみに私の環境では図2のようになっていました.

図2. locate libflashplayer.soの結果

プラグインを有効化

たいていは上記だけで回復すると思いますが,もし回復しない場合は,ブラウザ内からプラグインの可動状況を調べてみるとよいかもしれません(プラグインはインストールされているけど,無効化されているというケースがあったりします).

Google Chromeの場合,アドレス バー(URLが表示されるボックス)に“about:plugins”とタイプして表示させると,インストールされているプラグインとその稼働状況が表示されます(図3).この中で“Shockwave Flash”というプラグインが表示されていれば,とりあえずインストールはされています.このShockwave Flashがグレーになっている場合,プラグインが無効になっていますので,Enableを押して有効化してください(図3のように白い表示になっている場合は有効になっています).

図3. about:pluginsでShockwave Flashを調べる

はたいたかし
2010-11-27
トップ > Linux > flash pluginの再インストール